バッテリー

車のバッテリーを自分で交換する方法

車のバッテリーを自分で交換する方法

車のバッテリーが弱ってきた、車のバッテリーが上がってしまったなどの理由で交換工賃を支払って新品のバッテリーに交換してもらうというのは何も珍しい話ではありません。

実際に多くの人は車を購入したディーラーや馴染みのあるカーショップなどにバッテリー交換を依頼をするものであると考えているのではないでしょうか?

しかし、知っていましたか?

バッテリー交換は適切な手順と正しい工具を使用することで自分でも簡単にできる作業でもあるのです。自分で交換ができれば維持費をグッと節約することができますよね。

この記事では、バッテリーを交換する方法や必要な工具などについてまとめてみました。

バッテリー交換をする前に準備すること

まずはバッテリー交換をする前に準備しておくことについて紹介します。

バッテリーのサイズを確認する

まず最初に確認しておくべきことはバッテリーのサイズです。一般的には車種によってバッテリーサイズが異なるため、自分の車に合ったバッテリーを購入する必要があります。

確認方法としてはバッテリーを真上から見て数字やアルファベットで組み合わされた規格表記を見るだけです。一般的には「40B19L」や「55B24R」などと表記されています。

この数字とアルファベットを組み合わせた規格表記によってバッテリーの容量やサイズ、端子の位置などが決まっているので、購入するときは必ず間違えないようにしましょう。

必要な道具や工具等を用意する

バッテリー液には希硫酸が使用されています。万が一、目に入ってしまうと失明の恐れもあるため、必ず保護メガネを着用してから作業をするようにしましょう。

バッテリー交換を行うときには感電防止のため、必ずゴム手袋を着用するようにしてください。プロの整備士も作業をするときにはゴム手袋を着用していますよ。

バッテリーの取付ボルトを取り外すためのレンチ(スパナ)が必要です。ほとんどの車はここで紹介している10mmのサイズで対応することができると思います。

基本的には上記で紹介した3点の道具があればバッテリーの交換を行うことができます。

バッテリーの交換方法と正しい手順

1.エンジンを止めてキーを抜く

まずは車のエンジンを止めてキーを抜いてください。また、この時ライトなどのスイッチ類はOFF(切)の状態にしましょう。その後ボンネットを開けます。

2.マイナス側の端子ケーブルを取り外す

次にバッテリーに繋がっているマイナス側の端子ケーブルを取り外してください。この時取り外したケーブルがプラス側のケーブルと接触しないように離しておきましょう。

3.プラス側の端子ケーブルを取り外す

次にプラス側の端子ケーブルを取り外してください。この時取り外したケーブルがマイナス側のケーブルや車のボディなどに接触しないように離しておきましょう。

4.バッテリー取り付け金具を取り外す

次にバッテリーを車体に固定している金具を取り外します。この際、ケーブルの時と同様に取り付け金具がマイナス端子やプラス端子に接触しないように注意してください。

5.バッテリーの取り外し

取り付け金具を取り外したらバッテリーを取り外します。バッテリーの重さは約10kg前後と意外と重いので落とさないようにしっかりと両手で抱えるようにしましょう。

6.バッテリーの取り付け

バッテリーを取り外したときに気がついたかと思いますがバッテリーは取り付け台の上に置かれています。新品のバッテリーもこの取り付け台の上に置くようにしましょう。

7.バッテリー取り付け金具を取り付ける

今度はバッテリー取り付け金具を取り付けます。取り外したときと同じように取り付け場所や角度を間違えないようにしましょう。

8.プラス側の端子ケーブルを取り付ける

バッテリーを取り外すときはマイナスからでしたが、バッテリーを取り付けるときは必ずプラス側の端子ケーブルを先に取り付けてください。

9.マイナス側の端子ケーブルを取り付ける

最後にマイナス側の端子ケーブルを取り付けて完成です。ケーブルや取り付け金具、バッテリーを軽く揺すってみて緩みがないかしっかりと確認をしておきましょう。

バックアップ電源を使用すると車の設定を保護できる

最近の車には様々な電子機器(カーナビも含む)のメモリー機能が搭載されていることが多く、このメモリー機能には車内時計やナビのお気に入り設定などが記録されています。

バッテリーを取り外してしまうとこの設定がリセットされてしまうことがあります。

そうした事態を防ぐために下記のようなバックアップ電源を使用することで電子機器のメモリーを保護したままバッテリーの交換ができるようになります。

バッテリー交換方法についてのまとめ

車のバッテリー寿命は一般的に3~4年だと言われています。つまり車に乗っている以上、必ず交換が必要になる部品であるということができますよね。

もし自分でバッテリーを交換することができればその分工賃の節約することができます。

バッテリー交換と聞くとなんだか難しい作業のような気がしてしまうかもしれませんが、しっかりとした知識と道具があれば意外と簡単に挑戦できてしまう作業でもあります。

バッテリーを交換するときにはこの記事を参考にしてチャレンジしてみてくださいね。

タイヤを安く購入するならオートウェイがおすすめ!

「タイヤの溝がすり減っいて交換時期だと言われた」

「メーカーにこだわりはないので少しでも安いタイヤを購入したい」

などなどタイヤ交換にかかる金額でお悩みを抱えていたりしませんか?

そんなあなたにおすすめなのは国内最大級の激安タイヤ通販ショップ「オートウェイ」です。

楽天市場やヤフーショッピングの売れ筋タイヤランキングの上位を独占しているオートウェイは、今やネット上では知らない人はいない話題の格安輸入タイヤ通販ショップなのです。

「国産タイヤ1本の値段で格安輸入タイヤが4本買えた!」

「ディーラーで見積もりをもらった半額以下でタイヤが買えた!」

などなど、48万件を超えるレビューが投稿されており、その人気の高さが伺えます。

自分の乗っている車を選択するだけで簡単にタイヤのサイズや金額が分かるので、あまり車に詳しくないという人にもおすすめです。

タイヤ交換の費用でかお悩みの方は一度オートウェイで価格を調べてみてはいかがでしょうか?

オートウェイでタイヤの価格を調べてみる