豆知識

イモビライザーって何?仕組みや役割、装着有無の確認方法を分かりやすく解説

イモビライザーって何?仕組みや役割、装着有無の確認方法を分かりやすく解説

車の鍵をなくしてしまったりスペアキーを作成しようとしたときなどに「イモビライザー付きの鍵ですか?」と聞かれ、何のことだか分からず戸惑ってしまった経験があるという人も少なくないのではないでしょうか。

車に詳しい人にとっては割と一般的に知られていることではあるのですが、そうでない人にとってはあまり聞いたことも無い言葉でなんのことだかさっぱり分からないですよね。

この記事ではイモビライザーの仕組みや役割、自分の車にイモビライザーが装着されているかどうか確認方法を簡単に分かりやすく解説しますので最後までお付き合いください。

イモビライザーとは?

「イモビライザー」とは簡単に言うと自動車の盗難防止装置の一種で、一般的には専用のキー以外ではエンジンの始動を不可能にするための仕組みとなっているものを指します。

従来の車の鍵は一般的なドアの鍵などと同じように鍵穴内部の凸凹と鍵山の凸凹が一致することにより鍵が回りエンジンを始動することができるような仕組みになっていました。

つまり鍵の形と鍵穴の形が一致するかどうか物理的な方法で判断していたので鍵を複製してしまえば車内への侵入はおろかエンジンを始動することすらできる状態だったのです。

これではあまりにも防犯性に難があるということは誰の目にも明らかで、こうした防犯性の脆弱さを解消するために開発されたのが盗難防止装置としてのイモビライザキーです。

なので「イモビライザー付きの鍵ですか?」と聞かれたら盗難防止装置付きの鍵、もしくは盗難防止装置付きの車ですか?と聞かれているようなものだと解釈してみてください。

イモビライザーの仕組み

イモビライザー付きの鍵(イモビライザーキー)は頭の部分に小さなICチップ(トランスポンダ)が収納されており、固有のIDコードが登録されています。

このICチップに書き込まれたIDコードと車両本体に登録されているIDコードを照合し、一致した場合に限りエンジンが始動するという仕組みになっています。

従来の鍵のように物理的な照合ではなく電気的な信号によって判断しているんですね。

IDコードは高度な技術で暗号化されており、その組み合わせは数百万通りともいわれているため複製はもはや不可能に近く非常に高い防犯性を保っています。

たとえば、泥棒によって窓ガラスが割られてドアが無理やりこじ開けられたとします。

車内に侵入されてしまったとしてもイモビライザーキーさえ自分の手元にあれば泥棒はエンジンをかけることができず走り去っていくことができないのです。

このようにイモビライザーは盗難や乗り逃げ等の犯罪を大幅に減らすことのできる画期的なシステムだということができます。ただし、初めから車内の金品を狙った車上荒らしやレッカー車を使った強引な窃盗に対しては対応することができないため注意が必要です。

イモビライザーが装着されているか確認する方法

自分の乗っている車にイモビライザーが搭載されているか調べるにはいくつかの方法があります。車本体と鍵の内部に搭載されているのでそれぞれ確認していきましょう。

メーターのインジケーターランプを確認する

イモビライザーが搭載されている車の多くはメーター周りにインジケーターランプが取り付けられていることがほとんどです。

このインジケーターランプはイモビライザーと盗難防止用のアラームを連動させる役割をしており、イモビアラームとも呼ばれています。このため無理やりエンジンをかけようとすると大きな警告音が鳴る仕組みになっているんです。

インジケーターランプは駐車中にキーが差し込まれていない状態で点灯もしくは点滅し、この車がイモビライザー装着車であることを周囲に知らせることで盗難防止効果を高める効果があるんですね。

この点滅するランプは鍵のマークであったりSECURITYと表示される場合が多いので外から車内を覗き込んでメーター周りで何かランプが点滅していないか確認してみましょう。

自分の鍵がスマートキーかどうかを確認する

一般的には最近の車であって鍵のタイプがスマートキーと呼ばれているタイプの物であればほとんどの場合、イモビライザー装着車である考えることができます。

スマートキーとはドアロックの開閉やエンジンの始動などもワイヤレスで行えるキーのことで、ギザギザした鍵を差し込むタイプではないもののことですね。

このスマートキーは各メーカーによって名称が異なり少し分かりづらくなっているので、ここで一度簡単にまとめてみますので参考にしてみてください。

  • トヨタ 「スマートエントリー」
  • ホンダ 「スマートキー」
  • 日産  「インテリジェントキー」
  • ダイハツ「キーフリー」
  • スズキ 「キーレススタート」
  • マツダ 「アドバンスキー」
  • スバル 「キーレスアクセス」
  • 三菱  「キーレスオペレーション」

このように各メーカーによって名称が全然違うので分かりづらいのですが、これらは全てスマートキーです。つまり自分が使用しているキーがこの中のどれかであればほぼほぼイモビライザーが搭載されていると思ってみてもいいでしょう。

まとめ

長くなりましたが、イモビライザーは盗難や乗り逃げなどの犯罪から大切な愛車を守ってくれるとても心強いセキュリティー機能の1つであるということができます。

最近の自動車であればほとんどの割合で搭載されている機能なので、大切な愛車を守るためにもその仕組みや役割について知っておくことは大切なことだと思います。

また、イモビライザーがあるからといっても100%盗難などを防ぐことは難しいので、常日頃からしっかりとした愛車の管理をすることを心掛けるようにしましょう。

タイヤを安く購入するならオートウェイがおすすめ!

「タイヤの溝がすり減っいて交換時期だと言われた」

「メーカーにこだわりはないので少しでも安いタイヤを購入したい」

などなどタイヤ交換にかかる金額でお悩みを抱えていたりしませんか?

そんなあなたにおすすめなのは国内最大級の激安タイヤ通販ショップ「オートウェイ」です。

楽天市場やヤフーショッピングの売れ筋タイヤランキングの上位を独占しているオートウェイは、今やネット上では知らない人はいない話題の格安輸入タイヤ通販ショップなのです。

「国産タイヤ1本の値段で格安輸入タイヤが4本買えた!」

「ディーラーで見積もりをもらった半額以下でタイヤが買えた!」

などなど、48万件を超えるレビューが投稿されており、その人気の高さが伺えます。

自分の乗っている車を選択するだけで簡単にタイヤのサイズや金額が分かるので、あまり車に詳しくないという人にもおすすめです。

タイヤ交換の費用でかお悩みの方は一度オートウェイで価格を調べてみてはいかがでしょうか?

オートウェイでタイヤの価格を調べてみる