ガラス

フロントガラスにヒビが入ってしまった!この状態で車検を通すことはできる?

自動車を運転しているときに「ピシッ!」「バチッ!」といった音がしたと思ったらフロントガラスにヒビが入っていた!なんて経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

これは俗にいう「飛び石」という現象で、前方を走る自動車のタイヤが道路上にある小さな石を跳ね上げ、自分の車(ガラスやバンパー)にぶつかり損傷を与えることを指します。

飛び石は基本的に自動車の運転中に起こる現象で、特にスピードの出る高速道路では被害が大きくなりやすく、いくら安全運転を心がけていても完全に防ぐことは難しいことです。

この飛び石による傷が小さなヒビで済んでいるうちはまだいいのですが、そのまま放っておくとヒビが大きくなり最終的にはガラスが割れてしまうということにもなりかねません。

ましてやその状態で車検が受かるかどうかなんて素人には中々判断がむずかしいところです。

この記事ではフロントガラスにヒビが入ってしまった時の対処法について解説していきます。

飛び石でヒビの入ったフロントガラスは車検で受かる?

飛び石でフロントガラスにヒビが入った状態の車をそのまま運転している人って結構多いんじゃないかなって思います。

これ、疑問に思うのはこのままで車検に受かるかどうか?っていうところですよね。

結論から言うとヒビの大きさによっては特に何の問題もなく車検には受かるし、反対に車検には受からないということにもなります。

車検場で何か特殊な機器を用いて傷の大きさを測定する・・みたいなことはやらないので明確な基準としてNGな大きさの傷っていうのは特に決まっていないんですよね。

なので結構その時の検査官によって判断が分かれるところなんですよ。

本当に小さな傷でもNGを出されることもありますし、逆に結構大きなヒビでも検査官による見逃しがあったらそのまま車検に受かっちゃうこともあるんです。

ただ傾向としては、運転席側の傷やヒビは小さいものでもアウトになりやすいですし、逆に助手席側であれば小さな傷やヒビ程度なら見逃してくれる確率は高いです。

これには一応理由がありまして、フロントガラスの保安基準として「運転席の視野が確保できること」と定められているんですね。

なので運転席側のフロントガラスに傷やヒビがあったら適切な視野が確保できないという理由から検査官の判断次第ではアウトになりやすくなってしまうのです。

まぁ、飛び石でついた米粒程度の小さなキズであれば車検に通る可能性は高いですし、反対に大きなヒビになっているようであればまず受かることはないと考えておきましょう。

飛び石による傷を放置するとどうなる?

そもそも飛び石による傷だとかヒビだなんて言ってますが、飛び石が原因で最初から大きなヒビになってしまうということは実はそこまで多くないんじゃないでしょうか。

大体が米粒程度の傷から始まって、その傷を放置していると走行時の振動や気温の寒暖差による収縮が原因で段々と大きなヒビになっていくというのが定番ですからね。

飛び石でついた傷が米粒程度の小さなものだと思って放置していると大きなヒビに発展したり、それこそ走行中にガラスが割れてしまうなんて危険性にも繋がるわけです。

特に振動の多い山道や高速道路は結構危険です。高速道路なんて振動に加えてフロントガラスにかなりの風圧が加わりますからね。

フロントガラスって結構頑丈に見えるのですが、一度傷がついてしまうと結構簡単に損傷してしまうものなので例え小さな傷でも気づいたときに処置することがおすすめです。

フロントガラスの傷やヒビを処置する方法は?

ここまで読んでいただけたら、例え小さな傷であったとしても発見次第すぐに処置をしたほうが良いということは分かって頂けたかと思います。

じゃあ肝心の処置方法っていうのは一体どういうものがあるの?と疑問に思うことでしょう。

フロントガラスを交換してしまうという方法を除けばその方法は大きく分けて2つ。

市販のキットを使い自分でリペアをするかプロに頼んでリペアをしてもらうということです。

自分でリペアをしてみる

まず初めにガラスリペアキットと呼ばれる市販の補修キットを使って自分で飛び石による傷やヒビをリペア(補修)するという方法があります。

こんな感じの補修キットが大体2000~3000円くらいで販売されているので自分で処置することができれば業者に頼むより遥かに安く仕上げることができます。

使い方としてもそれほど難しいということではなく、車が好きだったりDIYが好きな方にとっては結構簡単に処置することができちゃいます。

大まかな流れとしては以下の通り。

  1. 細いピンなど(大体は付属いている)でヒビの中の異物を取り除く。
  2. 台座をセットして補修液を流し込む。
  3. 注射器など(大体は付属している)で減圧・加圧を繰り返し補修液を浸透させる。
  4. 補修液を乾かして硬化させ、余分な部分を削ぎ落す。

大体の流れとしてはこんな感じで、手慣れている人であれば1時間かからずに終わらせることができたりもします。

ただ、自分でリペアをするという方法は個人的にはあまりおすすめはしたくないかなというのが本音であるんですよね。

というのも、上手くいかなかった場合には傷をより大きくしてしまう危険性と一度注入した補修液が取り除けなるという可能性があるからです。

最初に細いピンで傷の中の異物を取り除くためにツンツンと突っつくんですけど、この時に程度が分からずに結構力を入れてしまい傷を広げてしまう人が多いんですよね。

あとは一度補修液を注入した後って、傷の奥深くまで補修液が浸透してしまうため、もし失敗したとして次に作業をするときにはもう一度補修液を取り除かないといけないんです。

ですが、一度奥深くまで浸透してしまった補修液を完全に取り除くのってプロに頼んでも結構大変で難しいことでして・・。

なので自分でリペアにチャレンジしてみて失敗したらプロに任せようと思っても、最初からプロに頼んだ時よりも仕上がりに差が出やすいということになるんです。

業者によっては一度注入した補修液を取り除くための別料金が必要になるなんてこともあるので、余程自信のある方以外は最初からプロに頼む方がいいかもしれません。

プロにリペアを依頼する

先ほど紹介した自分でリペアするという方法と対極にあるのがプロの業者にリペアの依頼をするという方法です。

基本的に飛び石による傷やヒビで困っている方の多くがこのプロの業者に依頼をするという方法になっているかと思います。

というのも、ディーラーや町の整備工場などでは自社でガラスの交換や修理ってまずしていないんですよね。

ディーラーですらしっかりと提携している専門のガラス業者がいて、そこに外注としてガラスの交換やリペアを依頼しているというケースがほとんどです。

なのでディーラーの整備士さんにガラスリペアの方法を聞いてみても意外と分からない人が少なくないので怒ったりはしてあげないでくださいね。

で、まずプロの業者に依頼をすることの何がいいかといえばやはり安心できるということでしょう。

毎日毎日提携しているディーラーや町の整備工場に出向いてガラスの交換やリペア作業(補修)をしているので、それはもう見事な手捌きで仕上がりも綺麗ですからね。

費用としても車種や傷の大きさなどにもよりますが大体が15,000~30,000円程度で収まるはずなので結構良心的です。

ただ先ほども書いた通り、一度自分でリペアを試してみて失敗をした後に業者に依頼をすると追加料金が発生することもあるので注意が必要ですよ。

個人的には最初からプロの業者に頼んでしまったほうが作業も早いし安心できると思います。

リペアできない傷もある

ここまで紹介してきたようなリペアができる傷やヒビというのはせいぜい米粒程度の大きさのものまでで、それ以上に傷やヒビになるとリペアができないなんてことになります。

そうなるとフロントガラスの交換になってしまうわけですが、これが高いんですよね・・。

ただ、今ってフロントガラスといっても純正品以外にも様々な種類のものがあるのでそこまでネガティブに捉えることもないのかなって個人的には思うんですよね。

例えば紫外線や赤外線をカットすることのできる「クールベール」っていう特殊なガラスがあるのですが、夏の車内の暑さ対策にもなるのでこれ結構人気なんですよ。

なので、飛び石でヒビが入ったり事故でフロントガラスが割れてしまった時に、グレードアップ感覚でガラスを交換する人が多いんですね。

特に日焼けやシミの原因となる紫外線(UV)をカットできるクールベールというガラスは女性に人気があります。

ガラスリペアはあくまでも補修だということを忘れずに

長くなってしまうので軽くまとめに入りますが、例え飛び石でガラスに傷やヒビが入ったとしても米粒くらいの大きさであれば車検には通ることはできます。(恐らくですが)

ただ、フロントガラスに傷がついたまま放置をしてしまうと走行時の振動や気温の寒暖差による収縮でより大きなヒビになってしまう原因に繋がりかねません。

基本的にはどんなに小さな傷やヒビでも見つけ次第、リペアを施すことが好ましいというのは忘れないようにしておきたいですね。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる