カスタム

インチアップって何?メリットとデメリットは?

車をカッコよくカスタムするための方法といえばエアロパーツの取り付けやローダウン、ホイールの交換など様々なものがあります。

中でもホイールの交換は新車購入時にも選択できるオプションとして設定されており、多くの方が実施したことのあるカスタムなのではないでしょうか?

ですが、ただ単にホイールを交換するだけではなく「インチアップ」と言われる方法を選択することで愛車をよりカッコよくすることができるという事はあまり知られていないかもしれません。

そこで、この記事ではインチアップとは何なのか?インチアップをすることのメリットやデメリットについてわかりやすく解説していきたいと思います。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

インチアップって何?

一般的に言われているタイヤとはホイールとゴムがペアになっている部品で、ホイールの大きさによってタイヤの見え方や印象が変わってくると言われていますよね。

特にホイールが大きくなれば見栄えがかっこよくなると考えている人は多いので、タイヤの見え方を気にする人の中にはホイールのサイズを変更したいと考えている人もいるようです。

ただホイールのサイズを変更するとそれに合わせてタイヤのサイズも大きくなりますし、外径が大きくなってしまうので自動車にはまらなくなってしまう可能性もあります。

このような問題を解消してくれるのがインチアップと呼ばれる方法で、タイヤの外径を変えずにホイールのサイズを変更することができるのです。

インチアップの大きな特徴はタイヤの外径を変えないというところなので、これまで利用していたタイヤのサイズを変更する必要はありません。

ただしタイヤの内径は変わってくるのでホイールだけではなくゴムの厚さも変更する必要がありますし、インチアップの際にはサイズアップに対応したタイヤを利用しなければいけないのでタイヤを流用できないという特徴もあります。

このような特徴からインチアップをすると様々なメリットやデメリットが生じるので、インチアップを検討する場合はそれぞれを比較しながらインチアップをするのかどうか考えることが大切です。

ちなみにインチアップをする目的としては、自動車をスポーツカーのようにハンドルの操作に合わせて敏感に走らせてみたいというものや見た目のカッコよさを重視しているものが多いと言われています。

このため自動車そのものやタイヤの機能性を高めるためというよりは、自動車やタイヤの見た目を含めた趣味のためにインチアップが行われている傾向があるようです。

インチアップのメリット

インチアップをするメリットとして、まず挙げられているのが「ドレスアップ効果」です。

自動車を所有している人たちの中には自動車の見た目にこだわっている人も多いですし、様々な理由や目的から自動車の見た目をかっこよくしたいと考えている人は少なくありませんよね。

このような人たちにとってインチアップは自分たちの自動車をドレスアップするための手段の一つであり、車よりも大きなタイヤホイールに変更することでより存在感を演出することができるのです。

そしてもう一つのメリットとして挙げられているのが、「操作性の向上」です。

インチアップされたタイヤは外径を維持するためにゴム部分を薄くする必要があり、それによってたわみが少なくなったり接地面がより近くなります。

そうすると例えばコーナリングの際にハンドリングやブレがなくなることからコーナリングがしやすくなったり、カーブを走行する際のグリップ性能が高くなるのです。

さらにタイヤのインチアップは走行性能を高める働きを持っているのですが、これはハンドル応答性を高める働きを持っているとも言えます。

その結果、ハンドルを動かせばタイヤにダイレクトに伝わるのでハンドルの動きがそのままタイヤに反映されやすいという効果を生み出しているようです。

このような走行性能の高さや敏感さはスポーツカーに反映されていることが多く、一般的な自動車のタイヤではなかなか味わうことができないとされています。

そのためスポーツカーに乗ってみたいけれども実際に購入することができない人や、自分の運転テクニックを自動車にもっと反映させたいと考えている人にとっては、インチアップの効果は魅力的なメリットだと言われています。

インチアップのデメリット

見た目をドレスアップすることができたり、自動車の性能をスポーツカーのような高い走行性能に近付けることができるという点が、インチアップのメリットですよね。

ただインチアップにはメリットばかりではなくデメリットも多いので、きちんとどのようなデメリットがあるのか理解しておかなければいけません。

そんなインチアップのデメリットとして特に言われているのが、「乗り心地の悪さ」です。

インチアップをするとタイヤの外径を維持するためにゴムが薄くなって接地面が近くなるのですが、そうなるとタイヤから伝わる路面の感覚がダイレクトに運転席に届くようになります。

このため路面の小さな段差もまるで下から突き上げられているかのような衝撃が伝わりますし、タイヤのノイズ性能が落ちてしまうので細かな振動もすべて運転席に届いてしまうのです。

これらの問題は放置したり対策を講じないと自動車そのものにもダメージを与えてしまいかねないので、最悪の場合は自動車の寿命そのものを縮めてしまうというデメリットにもつながってしまいます。

またタイヤが転がる際に発生する抵抗力も上がってしまうことから、タイヤにかかる負担が増えて変形の原因になる場合もあるようです。

ほかにもインチアップされたタイヤやホイールは重量がどうしても増えてしまうので、自動車そのものの重量が増すことによる燃費の悪さやハンドリングの重さもデメリットだと言われています。

このようにインチアップによって発生したデメリットは、そのままにしておくとタイヤだけではなく自動車の故障やトラブルにつながってしまうものも少なくありません。

ただデメリットはある程度対策をすることで改善できるケースが多いので、正しくインチアップを行ってデメリットを防ぐことが大切です。

インチアップはどうやってやるの?

インチアップをする際には、まずサイズを変更するタイヤの元々のタイヤサイズとホイールのサイズを確認しておく必要があります。

特にタイヤサイズは外径を変更しないようにするため、ホイールサイズもタイヤの外径とほぼ同じものを選ばなければいけませんよね。

そうしてインチアップするホイールやタイヤを準備したら、車体を持ち上げてタイヤ交換ができる状態にします。

そうして持ち上げた車体からインチアップする前のタイヤを外して、インチアップしたタイヤを取り付けます。

この時インチアップしたタイヤが車体に接触していないかどうかを確認しておく必要があり、もしも車体に触れている場合はサイズアップに失敗しているためそのまま使用すると危険です。

そうならないように、事前にインチアップしたタイヤを準備する際に外径やサイズがほぼ同じかどうかを確認しておくことが必要だとされています。

車体に接触しないサイズであることを確認したら、あとは車体を下ろせばインチアップは完了です。

その後は実際に走行してみてタイヤの違和感がないかどうか、安全に走行できるかどうかを確認して終了となります。

この時に違和感があったり安全に走行できないと思われた場合にも、すぐにタイヤを戻してインチアップし直すことが必要です。

このようにインチアップする場合にはサイズアップしたタイヤに交換するだけで簡単に作業ができるので、自分たちでインチアップすることは難しくありません。

ただタイヤの交換がうまくできなかったりインチアップする際のタイヤ選びがよくわからないという場合には、ディーラーや業者、カー用品店に確認してもらったり作業をお願いするというのも一つの手としておすすめです。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる