カスタム

長距離運転での疲れを軽減する快適便利グッズをご紹介!

長距離運転におすすめの快適便利グッズ

自動車に乗る機会が多いと避けようとしても避けて通れないのが長距離運転。毎日仕事で乗っている人はもちろん、たまにしか自動車に乗らないという人も帰省や旅行などで1年のうちに数回は長距離運転を経験することもあるのではないでしょうか?

長距離運転ではどうしても同じ姿勢を取り続けてしまうということもあり体に負担がかかってしまいます。腰や頭、手足の関節などが痛くなってしまうことも多いですよね。

旅行やドライブでの運転であれば小まめに休憩をとることで体の負担を減らすことができますが、仕事で長距離運転をしている場合はそんな悠長なことは言ってられないですよね。(や、仕事であってもきちんと休憩が取れればそれが一番いいのですが、中々そういう訳にはいかないですよね・・。)

長距離運転をするときには車内には少しでも体の疲れを軽減させる便利グッズや披露を回復することのできるアイテムを積んでおきたいものです。

そこで、この記事では長距離運転を快適に過ごすことのできるように車内にあると便利なドライブグッズを紹介していきます。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

長距離運転におすすめの快適グッズ

スカイベル ハンドルカバー

どの車でも同じように見えるハンドルですが実はメーカーや車種、はたまた同じ車であってもグレードによって大きさや太さ、材質が異なるもので作られているってご存知でしたか?

車を運転するときにはハンドルはずっと握り続けなくてはいけません。人の手の大きさは十人十色なのに車のハンドルの大きさや太さは自分の乗っている車によって一定です。

このハンドルと自分の手の相性が意外と疲労を生む原因になってしまうことも多いんです。ハンドルカバーを取り付けて自分の握りやすい大きさや太さに調整することで長時間ハンドルを握っていても疲れづらくなるといった効果が期待できます。

また、ハンドルカバーは様々な模様の物が販売されているのでドレスアップにも貢献できますし、本革や滑り止め加工が施されているものなども多数あり、安全に車を運転するためのアイテムとしても広く知られています。

ミッションプライズ シートクッション リバースポルト

車に乗っている以上必ずシートに座っていますよね。運転する時間が長くなれば長くなるほどお尻や腰が痛くなってくることだと思います。

リバースポルトは快適なドライブを実現するためだけに開発された高機能のクッションで、楽天市場のカー用品総合NO1にも輝いたことのある人気商品です。

着座時の体への負担を軽減するために3次元、つまり3D形状で立体的に体を包み込むことで体へかかる負荷を分散させ疲労感を軽減する作りとなっています。

取り付けもただシートの上に設置するだけの物とは違い、専用のストラップでしっかりと固定するタイプなので長時間座っていてもズレずらいといったメリットがあります。

Aoomiya ネックパッド

長距離運転時に是非ともおすすめしたいのがネックパッド。高密度低反発ウレタンが使われており、頭・首・肩の3点にかかる圧力を均一に分散し3か所にかかる負荷を軽減することができます。

長距離運転や車中泊をする際には必需品ともいえるアイテムで、信号待ちの一時停車中であってもリラックスすることができるなどいつでも気軽にその効果を堪能することができます。

車用サンシェード

サービスエリアやパーキングエリアなどで仮眠をするときに必須ともいえるアイテムがこのサンシェード。静電気で窓に吸着するので脱着がとても簡単!

紫外線をカットしてくれるのはもちろん断熱効果もあるのでエアコンの効きがよくなり車内を快適にすることができます。

長距離運転時には適度な休憩を!

長距離運転時はついつい休憩を挟まないで運転しがちですが、必ず適度な休憩をとるようにしましょう。急ぎたい気持ちはよくわかりますが、事故やトラブルを起こしてしまっては元も子もありません。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる