カスタム

車高調ってなに?交換するメリットとデメリットは?

車高を高くしたり低くしたりと、好みの高さにカスタマイズができることは、知らない人のほうが多いかもしれません。それでも自分の愛車にそのカスタマイズをしている人もいることでしょう。そうした車高を変えるときに使われるのが、車高調と呼ばれるものです。
今回は、車高調についてやそれを使うことのメリットやデメリットについてお伝えします。

車高調ってどんなもの?

車高調は、正式名称を車高調整式サスペンションといい、車高だけでなくサスペンション自体の減衰力や硬さの調節もすることができるアイテムです。車高の調整をする人が増えたこともあり、さまざまなメーカーから多くの種類の車高調が販売されています。

車高調の種類

車高調は調整方法の違いによって大きく3種類に分けられており、それぞれネジ式車高調、全長調整式車高調、Cリング式車高調と呼ばれています。以下簡単に解説していきます。

ネジ式車高調

ネジ式車高調は、ロワシート式車高調とも呼ばれています。この方法で車高を調整する場合には、スプリングの下にあるロワシートと呼ばれるパーツを上下させることで調整を行います。

車高が自由に調整できる一方で、それによって振動を減衰させるためのショックアブソーバーの上下幅が変わってしまうのが難点です。

車高が低くなるほどショックアブソーバーが縮み、その上下幅が減ってしまうため、乗り心地が悪くなります。

また、ロワシートを下げすぎた場合、スプリングにあらかじめかけられている荷重がうまくかからず、スプリングが正常に動かなくなってしまいます。

全長調整式車高調

全長調整式車高調は、フルタップ式車高調とも呼ばれます。この方法は、サスペンションの先端にある車体本体へ取り付ける部分を上下することで調整します。

この車高調は厳密に言えばネジ式車高調の1種で、車高を自由に調整できるのは同じですが、この方法であればショックアブソーバーの上下幅が変化することはありません。

ですが他の車高調と比べて、価格が高価であったり、メンテナンスを頻繁に行う必要があります。

Cリング式車高調

Cリング式車高調は、Cリングと呼ばれるリングをショックアブソーバーの溝にはめ込むことでロワシートを固定して車高を調節する方法です。

ロワシートは溝の位置でしか固定できないため、段階的にしか調節ができません。また、サスペンション全体を取り外して調整をする必要があり、手間がかかってしまうのも特徴です。

これらのことから、もっともマイナーな車高調になっています。ですが他の車高調と比べて、安く行うことができます。

また、車高調にはいくつかの種類があります。
1つ目は、減衰力調整機能がついたタイプです。アジャストモデルや調整機能付きモデルと呼びます。ショックアブソーバーの伸び縮みの効きの強さの事を減衰力といい、この力を調整することにより、サーキット用の高い走行安定性を持たせたり、柔らかい乗り心地にしたりすることができ、必要に応じたセッティングに変更できます。メーカーや製品などによって調整できる幅が大きく変わってきますので、注意してください。ネジ式と全長調整式に存在します。ショックアブソーバー上部のダイアル部分を回して調整を行い、1回クリック音が鳴るごとに1段階調整されます。

2つ目は、減衰力調整機能がついていないタイプです。プリセットモデルや固定モデルといいます。このモデルは調整機能付きモデルよりも安価ですが、乗り心地を調整することができないため大幅な車高の変更には向きません。

車高調を使うメリット

車高調を車に取り付けると、いくつかのメリットがあります。
1つ目は、車高の調整をすることで、車の見た目を自分の好みにカスタマイズすることができます。車高を高くするか低くするか、それをどれくらいにするかは自分次第なので、人によって変わってきます。車が他にはない、自分だけの1台になります。

2つ目に、車高調のスプリングには硬いものが使われていることが多いため、走行性能が上がります。左折したり右折したりするときに車体が左右に傾くことが減るなどするため、車の挙動が安定しやすくなるのです。車高を低くしている場合には重心の低さも加わって、より曲がりやすくなります。

3つ目は、選んだスプリングの硬さや減衰力調整機能がついている場合にはそれを使うことによって、自分の好みや用途にあわせた乗り心地に設定しやすくなります。街や山などの走る場所やスポーツやドライブなどの走る目的にあわせて乗り心地を変えることで、運転がぐっと楽になることでしょう。

4つ目は、車高を高くしている場合に、そのぶんだけ見晴らしがよくなるので、運転がしやすくなります。また、雪のたくさん積もる地域などで使われる融雪剤は車に悪影響を及ぼすことが知られていますが、その影響を少なくすることができます。
それ以外にも、ショックアブソーバーが分解点検修理対応の場合、それが可能になることもメリットです。

車高調を使うデメリット

車高調を使うことで、もちろんデメリットも生まれます。
まず、硬いスプリングが使われることが多いために、純正のサスペンションよりも硬い乗り心地になることがあります。調整ができればいいですが、調整機能がついていないものもありますので注意が必要です。

次に、車高調の取り付け直後はタイヤのホイールの整列具合が大幅に狂ってしまう可能性があるため、安全のためにも調整が必要となります。自分でできないこともないですが、お店で見てもらった方が間違いないでしょう。そのときの費用は、測定と調整でわかれていることが多く、車の状態によっては高額になることも考えられます。

また、車高を低くしている場合は、そのぶんだけ地面と近くなっていますから、車の腹の部分がとくに傷つきやすい状態にあります。とくにデコボコした道などだけでなく、普通に道路にあるマンホールなどにも気を付けなければなりません。オイルパンをぶつけてしまいオイル漏れが起こったり、マフラーが壊れたりしてしまうことがあります。

逆に車高を高くしている場合には、トンネルなどで高さ制限に引っかかってしまう場合があるということです。また、高さによっては強い荷重がスプリングにかかり、段差などのたびに跳ねるような乗り心地になってしまいます。さらに、風の影響を受けやすくなってしまったり、近距離の視界が悪くなるといったこともあげられます。

5つ目に費用です。車高調自体の費用だけでなく、取り付け費用、修理や点検などのメンテナンス費用などがかかってきますので、どうしても高くなってしまいます。また、乗り心地の調整を取り付けたときだけでなく、その後も行う場合にはそのぶんだけ費用もかかってくることを忘れないようにしましょう。

自分の好みで車高調を使おう

車高調には、ネジ式車高調、全長調整式車高調、Cリング式車高調の3種類の方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、減衰力調整機能がついているタイプとついていないタイプの2種類があります。
車高を高くした場合にも低くした場合にも、メリットとデメリットが存在します。よく考えた上で、方式やタイプを決めましょう。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる