ガラス

フロントガラスのギラつきは油膜が原因!おすすめの除去方法は?

フロントガラスのギラつきは油膜が原因!おすすめの除去方法は?

自動車を運転していてフロントガラスの「ギラつき」に困ったことはありませんか?

フロントガラスがギラついてしまう理由としては排気ガスなどから排出される、「油膜」と言われる油分がフロントガラスに付着することが原因であることがほとんどです。

そして残念なことに油膜は、濡れ雑巾で拭いたりワイパーを作動させるだけでは取り除くことのできない厄介な汚れとしても知られています。

そこでこの記事では、フロントガラスの油膜を綺麗に落とすための方法について簡単に解説していきます。

フロントガラスに付着する油膜とは?

フロントガラスに付着する油膜とは読んで字のごとく「油の膜」です。自動車の排気ガスなどから排出された油分が空気中に飛散することでフロントガラスに付着します。

最近の自動車は環境性能が優れているので排気ガスは綺麗ではあるのですが、それでもガソリンの燃え残りやエンジンオイルを含んだ排気ガスが若干ですが排出されます。

目には見えませんがそうした油分が空気中にはたくさん飛散しており、道路を走行していると知らず知らずのうちにフロントガラスに付着しているというわけであります。

付着した油膜は天気のいい日にはあまり目立たないのですが、雨が降った時や対向車のヘッドライトが乱反射したときにはギラつきが酷く視界不良の原因になることも・・。

雨が降っているときの夜間走行時ではギラつきや乱反射で前が見えず、もはや何が何だか分からないといった経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

油膜の付着が原因で発生する症状は?

全体的に視界不良となる

フロントガラスに油膜が付着すると全体的な視界不良となります。晴れている日にはあまり実感できませんが、雨の日や夜間走行時のギラつきは油膜の付着が原因です。

雨の日の水捌けが悪くなる

フロントガラスに油膜が付着してしまうと例えワイパーを動かしても薄い油膜が残ってしまい思ったように視界がクリアになりません。

似たような症状でワイパーゴムの劣化も考えられますが、もし新品に交換をしても同じような症状が続く場合は油膜が原因であると考えられます。

光が乱反射してギラつく

フロントガラスに付着した油膜が原因となって対向車のヘッドライトや街頭・看板などありとあらゆる光が乱反射を起こして「ギラつき」が発生します。

結果、フロントガラス全体が真っ白になってしまいほとんど何も見えないような状態になってしまうというようなことも・・。

油膜を除去(取り除く)する方法

一度付着してしまった油膜はそう簡単には取り除くことはできません。特に長い時間をかけて堆積した油膜を取り除くのはかなり骨の折れる作業となります。

ただ、軽い油膜であれば家庭にあるものでも取り除くことができることもあるので、費用をかけることなく取り除くことができることも。

ここではフロントガラスに付着した油膜を取り除く方法について紹介します。

ウーロン茶で油膜を取り除く

ウーロン茶には油分を分解する成分が含まれています。マイクロファイバークロスなどにウーロン茶を染み込ませてゴシゴシと拭き上げてみましょう。

飲料水なので除去力はそれほど強くありませんが、付着したばかりの軽い油膜などであればこれだけでも綺麗に取り除くこともできる可能性があります。

新聞紙で油膜を取り除く

もっと身近なモノでいえば新聞紙で油膜を取り除くこともできます。新聞紙に使われているインクと油膜がうまい具合に反応してくれるんですね。

濡らした新聞紙でフロントガラスを拭いて油膜を浮かせ、仕上げにマイクロファイバークロスなどで拭き取れば油膜を取り除けるというわけです。

ただし新聞紙も除去力はそれほど強くありません。軽い油膜のみに使用し、落ちたらラッキー程度に考えておくと良いでしょう。

食器用洗剤で油膜を取り除く

家庭用の食器用洗剤でも油膜を取り除くことができます。頑固な油膜は厳しいですが軽い油膜程度であれば食器用洗剤でも専用洗剤の代用は十分可能。

ただこちらも専用の洗剤と比べたらその除去力はそれほど強力というわけではありません。こちらもあくまでも軽い油膜にのみ有効だと考えておきましょう。

専用の油膜除去剤で油膜を取り除く

やはり何と言っても自動車専用の油膜除去剤を使用することです。有名どころでは「キイロビン」などがあります。

専用の除去剤には油膜をただ溶かすだけではなく研磨剤も含まれているため、フロントガラスに付着した油膜を削り落とすことが可能となります。

頑固な油膜は溶かしただけでは落ちません。なので研磨剤で削り落とす必要があるわけなんですね。

作業自体は時間もかかりますし体力的にもキツイですが、決して専門的な知識が無いとできない作業ではないので自分でも作業することができます。

自分で油膜を取り除くときに注意すること

フロントガラスに付着した油膜は手間はかかりますが自分でも簡単に取り除くことができます。

ですが、やり方を間違えるとフロントガラスを傷付けてしまったり、ただ油膜を延ばすだけになってしまい、やらないほうがよかった・・なんてことにもなりかねません。

ここでは自分で油膜を取り除くときに注意するポイントについて紹介します。

フロントガラスに傷をつけない

フロントガラスの油膜を落とす際には初めにガラスを洗い流してから汚れを一通り落としてから油膜取りの作業を開始するようにしましょう。

汚れ(黄砂や花粉など)が残ったまま油膜取りをするとフロントガラスに傷がついてしまう可能性があります。

また、専用の除去剤でガラスを研磨する際には柔らかい専用のスポンジを使う用にすると傷がつきにくくなります。決してタワシなどの硬いものは使用しないように。

除去後はコーティングを忘れない

フロントガラスの油膜を落とした後にはコーティングを忘れないようにしましょう。

というのも、せっかく油膜を取り除いてもコーティングをしないでおくと、すぐにまた油膜が付着してしまうからです。

油膜を取り除いた後にコーティングを施しておけば油膜を含めた様々な汚れが付着しにくくなってその後のメンテナンスがグッと楽になります。

おすすめはガラコなどが有名でしょうか。撥水コーティングなら雨の日も水を弾いて視界が良好になるので、もはや必須とも言ってもいいアイテムですね。

フロントガラスのギラつきについてのまとめ

自動車を走らせている限りフロントガラスの油膜は避けることのできない問題です。

フロントガラスに油膜が付着したままの走行は視界不良となりとても危険ですし定期的に取り除きたいものです。

ここで紹介したように付着している油膜の程度によっては家庭にある身近なものでも油膜を落とすことができることもあります。

それでも落ちない場合には専用の除去剤を購入する、もしくはプロの業者に依頼してしっかりと取り除くことをおすすめします。

 

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる