タイヤ

自動車のタイヤがパンクする原因は?パンク修理でおすすめの方法を徹底解説!

自動車のタイヤがパンクしてしまった時に、一体どうすればいいのか分からないという人は意外と多いものです。

特に最近の自動車にはスペアタイヤが付属していないことが多いため、単にスペアタイヤに入れ替えればいいだけというわけにもいきません。

そこで、この記事では自動車のタイヤがパンクしてしまう原因やパンクしたときの対応でおすすめの方法について書いていきますので参考にしてくださいね。

日本全国24時間365日無料のロードサービス

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

自動車のタイヤがパンクする原因をまとめてみた

自動車を走らせていると、無理な運転や事故をしなくてもタイヤがパンクすることがあります。

近年では道路整備が進んでタイヤの性能も格段にアップしましたので、一昔前と比べればパンクはそれほど多くは見られなくなりました。

しかし、現代でも下記のように様々な原因で自動車のタイヤはパンクしてしまいます。

自動車のタイヤがパンクする原因
  • 釘や鉄片、ガラスなどの尖ったものが道路に落ちていてタイヤに突き刺さる
  • 走行中にカーブで曲がるタイミングを間違えてタイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった
  • タイヤが組み合わさっている円周部分のホイールリムが変形したり劣化したりしている
  • 自動車の日常管理を怠り、タイヤの空気圧が適正でないまま走行して負荷が加わっている
  • タイヤに穴をあけたり空気が抜かれたりといったいたずらの被害に遭った

自動車のタイヤは、ブレーキと並んで安全運行に欠かせない重要なパーツです。

パンクしたまま走行していると、自動車の動きが不安定になって事故に繋がりやすくなりますので注意しないといけません。

「クルマがまっすぐに走らない」「自動車の動きが不安定」「ハンドルが重くなって取られる」といった違和感を感じている方は、タイヤがパンクしているサインだと心得ておくべきですね。

自動車のタイヤの寿命はどのくらいなの?

自動車のタイヤの中には、油分のひび割れ劣化剤が入っています。

年月が経過するとひび割れ劣化剤が少しずつ抜けていくため、自然と経年劣化していくのです。

パンクなどの被害に遭わなくても、タイヤの寿命は大よそ4年前後が目安になっています。

4年くらいが経つとゴムが劣化してひび割れの症状が出やすくなりますので、タイヤがバーストしないように定期的に交換しましょう。

自動車のパンク修理でおすすめの方法を徹底解説!

自動車のタイヤがパンクしていることに気付いたら、まずは空気がどのくらい入っているのか確認することから始めないといけません。

釘が刺さったままで空気があまり抜けていないケースではそのままお店まで走行できますが、タイヤの状態によっては走るのが困難なケースもあります。

そこで、このページでは自動車のパンク修理でおすすめの方法をまとめてみました。

「タイヤがパンクした時はどうやって修理すれば良いの?」「自動車のパンクでどのような対処を取れば良いの?」と悩んでいる方は、是非一度参考にしてみてください。

自分でパンク修理キットを使う

自動車のタイヤがパンクしても、自分でパンク修理キットを使って直すことができます。

パンク修理キットは、カー用品専門店やインターネット通販で購入可能ですよ。

製品によって違いがあるものの、自動車のパンク修理キットの中には次のアイテムが入っています。

・紐状の修理シート
・修理剤を打ち込むニードル
・ゴム糊
・パンク穴にゴム糊を塗るリーマー
・異物を抜くための十字レンチやペンチ類
・修理剤のカットに使うカッターナイフやニッパー

このパンク修理キットがないことには、自動車のタイヤのパンクを直すことはできません。

以下では、市販されているキットを使った自動車のパンク修理の方法や手順を紹介していきます。

自動車のパンク修理の方法と手順
  1. 軍手を装着してパンクしたタイヤを車から外す
  2. パンクの状況をチェックし、空気が抜けていれば入れ直す
  3. 異物が刺さっている方向を確認しながらプライヤーで引っこ抜く
  4. 付属されている棒に接着剤を塗布して補修する穴に差し込む
  5. 穴ふさぎ用のゴムに接着剤を塗布して筒の中に入れる
  6. 「グリップを反対側にする」「押し棒をセットする」というやり方でゴムを押し込む
  7. 20分~30分くらいが経過した後にタイヤに空気を入れる
  8. 空気の漏れがないかチェックした後にはみ出たゴムをハサミでカットする
  9. タイヤを自動車の元の位置に戻して完了

あくまでも釘や鉄片が突き刺さった原因によるパンクの対処法ですが、慣れていれば1時間もかかりません。

自分でのパンク修理は、安全な場所で自動車を停車させてその場で対処できるのと、費用を抑えられるのがメリットです。

ただし、パンクの穴があまりにも大きすぎるとセルフケアでは難しいので、10mm程度の穴かどうかを目安に対応しましょう。

整備士がいるカーショップに依頼する

自分でパンク修理ができない時は、整備士がいるカーショップに依頼すべきです。

車の部品やアクセサリーを取り扱っているカーショップでは、パンクの修理も依頼できます。

プロに依頼する自動車のパンク修理の方法は次の3種類で、それぞれの特徴を大まかに見ていきましょう。

外面修理:市販のパンク修理キットを使う方法と同じで、タイヤの外側からパンク修理材のプラグを用いて穴をふさぐ
内面修理:タイヤの内部から修理する方法で、内側からパッチを当てるためしっかりと穴をふさぐことができる
焼き付け修理:専用のゴム材でタイヤを熱で圧着させる方法で、確実にパンク修理ができる

外面修理や内面修理で対応できないパンクは、焼き付け修理が行われます。

行きつけのカーショップであれば気軽に依頼できますので、どの方法が今の愛車の状態にマッチしているのか確認してみてください。

ガソリンスタンドに持っていく

カーショップだけではなく、ガソリンスタンドでも自動車のパンク修理ができます。

ネジが刺さって発生する程度のパンクであれば、ガソリンスタンドでも対応してくれるのです。

ガソリンスタンドは街中にたくさんありますので、パンク修理を気軽に依頼しやすいというメリットがあります。

お近くのガソリンスタンドまで自動車を運び、「パンクの修理をしてください」とスタッフさんに告げるだけですので難しくありません。

カーショップでのタイヤの外面修理が2,000円~4,000円が相場なのに対して、ガソリンスタンドは1,500円~2,000円が相場ですね。

また、パンク修理の出張サービスを実施しているガソリンスタンドも中にはありますので、タイヤが走行できない状態の時は探してみましょう。

JAFを利用する

自動車のタイヤがパンクして修理して欲しい時は、JAFのロードサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、自動車に関する様々な業務を取り扱っている法人です。

「ピンチの時にはJAF」「いざという時にJAFは頼りになる」など、自動車やバイクを利用する方のためにJAFは手厚いサービスを行っています。

なぜJAFに依頼して自動車のパンク修理を行うべきなのか、いくつかの理由を挙げてみました。

会員数が1,900万人を越えている

JAFは、会員数が1,900万人を越えている安心のサービスです。

万が一の時のトラブルに対応するために、JAFの会員に入会する方は増え続けています。

多くの人から選ばれていますので、知らないガソリンスタンドやカーショップでパンク修理を行うよりもJAFの方が遥かに安心ですよ。

JAFの会員への入会方法は、次の2つに大きくわけられています。

・クレジットカードによる入会
・コンビニエンスストアからの入金による入会

一定の費用の入会金や年会費を支払い、JAFのロードサービスをいつでも受けられる状態にしましょう。

自動車保険のロードサービスで対応できない作業をしてくれる

JAFの会員になると、下記のように自動車保険のロードサービスで対応できない作業をしてくれます。

タイヤのパンク修理:スペアタイヤへの交換だけではなく、現場で無料でパンクの修理をしてくれる(簡易的なパンク修理キットの使用ではない本格的な作業)
タイヤチェーンの脱着:タイヤチェーンの装着方法がわからない初心者のために、脱着作業をサポートしてくれる
砂浜や雪道からの引き上げ:砂浜や雪道でスタックした時に自動車を引き上げてくれる
自然災害による事故や故障への出勤:大雨や台風などの被害による自動車のトラブルに出勤してくれる

タイヤのパンク修理以外のロードサービスも行われていますので、様々なトラブルにJAFは役立つわけです。

無料で受けられるサービスが多い

JAFのサポートは誰でも利用できますので、自動車やバイクに乗っている方であれば一度は依頼したことがあるのではないでしょうか。

しかし、JAFの正規会員でない人は、次の依頼をすると費用が発生します。

一般道でのスペアタイヤ交換:13,080円
一般道でのバッテリー上がり:12,880円
一般道でのキー閉じ込み:14,940円
高速道路上での燃料切れ:16,460円+通行料

もしJAFの会員に入会していれば、24時間年中無休で日本全国どこでも無料なのです。

自動車の運転でタイヤのパンク修理以外にも色々な被害に遭う可能性があるため、JAFの会員に入会しておいて損はありません。

入会金割引制度が用意されている

「無料でパンク修理をしてくれるのは良いけど、JAFへの入会は入会金や年会費がかかるんでしょ?」と戸惑っている方はいます。

そこで、JAFでは少しでも安い料金でロードサービスを利用できるように、入会金割引制度が実施されていました。

・クレジットカードを使った1年分の申し込みで入会金が2,000円のところ1,500円(年会費は4,000円)
・2年分の申し込みで入会金が2,000円のところ1,500円(年会費は8,000円)
・3年分の申し込みで入会金が2,000円のところ1,000円(年会費は12,000円)
・5年分の申し込みで入会金が2,000円のところ0円(年会費は20,000円)

1年ごとに支払うよりも、まとめてJAFと契約した方が金銭的な負担が軽くなります。

JAFのロードサービスの口コミや評判はどう?

自分で自動車のパンク修理を行うのが面倒な人には、JAFのロードサービスの利用がおすすめです。

誰でも自由に依頼できるのですが、JAFの会員に入会しているとパンク修理を無料で受けられますよ。

以下では、JAFのロードサービスを利用した方の口コミや評判の情報をまとめてみました。

JAFの良い口コミや評判

バッテリー上がりやキーの閉じ込みなど、車に関するトラブルであれば全てJAFに依頼できます。しかも、依頼してから到着するまでのスピードがとても速いので、JAFのサポート体制には大満足です。
以前にパンク修理でJAFに依頼しました。ガソリンスタンドで行われるような簡単なパンク修理ではなく、プロがしっかりと修理してくれるのが魅力的です。わざわざ自分で直す手間を省くことができますので、JAFの会員に入会しておいて正解でした。
JAFのロードサービスは頻繁に利用する機会はありませんが、優待特典が魅力的だな~と思いました。私は毎週のように入浴施設に行きますので、2人で行くと100円引きで1年間で10,000円くらいは節約できますよ。JAFの会員の年会費が4,000円ですので、そこまで割高とは感じません。
JAFはドライバーズライセンスを発行する機関だが、国内最大規模のロードサービス業者と思っている方は多いんじゃないかな?ラジエーター漏れによるオーバーヒートでレッカーした際にJAFにはお世話になった。僅かな金額でも絶大な安心感を得られるから、JAFに入会しておいて損はないね。
パンク修理に対応してくれる業者はたくさんありますが、保険がついているサービスとJAFは根本的に違います。24時間365日どの場所に住んでいても、JAFに電話すればすぐに飛んできてくれるのが大きなメリットですね。自動車のちょっとした不調の時でも頼りになりますので、今後も有料会員を継続していきます。

JAFの悪い口コミや評判

会員優待サービスを利用しない人にとっては、JAFの会員はあまり旨みがありません。あらゆる自動車のトラブルに対応してくれますが、パンク修理が必要になる機会は少ないですよね。1年間で1回も利用しないこともありますので、割引や特典が受けられる施設を使わない人は入会しない方が良いでしょう。

まとめ

自動車のタイヤがパンクしてしまった時は、事故を未然に防ぐためにも早急に対処しないといけません。

自動車のパンク修理は、自分でキットを使ったりカーショップに依頼したりと様々な方法があります。

しかし、「セルフでのパンク修理は慣れないと難しい」「近くにカーショップがない場合もある」といったデメリットがありますので、JAFのロードサービスがおすすめです。

JAFの会員に入会するとタイヤのパンク修理を中心に万が一のトラブルを無料で対応してくれますので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

日本全国24時間365日無料のロードサービス

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる