豆知識

【激安】タイヤを購入するならオートウェイがおすすめ!

はぁ・・このタイヤには長いことお世話になったけど、さすがに溝がないしもうそろそろ買い替えが必要かなぁ
えぇっ!?ちょっと待って!来月は車検があるし新しいタイヤを買う余裕なんてないわよ!どうにかならないの?!

ここで「どうにもならないでしょ」と思ったあなたはきっとまだ知らないのでしょう。国内最大級の激安タイヤ通販ショップ「AUTO WAY(オートウェイ)」の存在を。

今このページを見ているということはタイヤ交換で悩みを抱えているか激安で購入することのできるタイヤを探しているかといったところではないでしょうか?

「タイヤ交換が高すぎる!」「激安のタイヤを購入したい!」その気持ち痛いほどわかります。なぜなら私も同じ悩みを抱えているからです。いや、私どころか日本中で同じ悩みを抱えている人はきっと存在する自動車の数だけいることでしょう。

だって高すぎますよね。タイヤの価格って。軽自動車とかならまだ理解できなくもない価格だけれどある程度大きいタイヤになってくるとタイヤ1本で数万円もしてしまうこともありますもんね。

そこでおすすめなのが国内最大級の激安タイヤ通販ショップのAUTO WAY(オートウェイ)な訳ですよ。

オートウェイの公式サイトを見る

オートウェイとは

1969年に創業された歴史のある会社で、その販売数は累計2000万本を突破し現在でも年間210万本以上のタイヤをインターネットで販売し続けているまさに国内最大級の激安タイヤ通販ショップなのです。

「有名国内メーカーのタイヤ1本分の値段でタイヤが4本買えた!」などの名言ともいえるレビューをネット上を中心に数多く見ることができます。

でも激安通販ショップってなんか怪しい。本当に大丈夫なの?

そう思う方も当然いることでしょう。ですが安心してください。全く怪しい会社ではありません。オートウェイはあの中古車情報サイトGoo-net(グーネット)を運営するプロトコーポレーションのグループ会社なんです。資本金はなんと4億9,900万円。めちゃくちゃ大きい会社なんですよ。

その実力はというと楽天市場やヤフーショッピングでの売れ筋タイヤランキングを独占し、全通販サイトで合計50万件以上のレビューが投稿されるなど名実ともに国内最大級のタイヤ通販ショップなのです。

取り扱いブランド

タイヤブランド

取り扱うブランドは格安で購入することのできるアジアンタイヤなどの輸入タイヤからブリヂストンやダンロップ、ミシュランやピレリなどの国内外の有名メーカーまで取り揃えられており隙のないラインナップになっています。以下簡単に各タイヤメーカーの紹介を書いていきます。

NANKANG

(ナンカン)

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランド。
ATR RADIAL

(エーティーアールラジアル)

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続けるインドネシアのATRradial。 ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、 世界100ヶ国で愛用されています。欧州サッカーのトップチームであるPSG(パリサンジェルマン)の オフィシャルタイヤパートナーとしても有名です。
HIFLY

(ハイフライ)

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドHIFLY。 アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、 欧州など各国の基準、規定に合格しています。
ZEETEX

(ジーテックス)

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。 乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを世界85ヶ国以上で販売しています。
MAXTREX

(マックストレック)

顧客満足度第一で技術革新を続ける急成長ブランドMAXTREK(マックストレック)。世界一流タイヤ工場と並ぶ技術力を備えており、中国、アメリカ、ヨーロッパなどの認証も取得。道路状況に考慮された、さまざまな特性を取って設計されています。
RADER

(レーダー)

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR。 世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドです。
MINERVA

(ミネルバ)

ヨーロッパで愛されて100年。ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVA。 ヨーロッパをはじめアジアなど世界52ヶ国以上で販売されています。
PINSO

(ピンソ)

性能とコストパフォーマンスを両立するインドネシアのタイヤブランドPinso。 ドリフトユーザーから一般ユーザーまで幅広いユーザーを魅了する大人気タイヤブランド。
NEUTON

(ニュートン)

2006年に設立されたタイヤブランドNEUTON(ニュートン)。80カ国以上で販売され、急速にファンを増やしています。顧客からのニーズに対して高い価値を提供する為、日々リサーチ、商品開発を行っています。
MOMO

(モモタイヤ)

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)。
SUPERIA

(スーペリア)

高い設計力、開発力により国際的な規格認定も受けており、ドライバーのあらゆる要求に応えます。
ROADSTONE

(ロードストーン)

ROADSTONE(ロードストーン)は、韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、主にヨーロッパ市場に販売されています。ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。
TRAVELSTAR

(トラベルスター)

TRAVELSTAR(トラベルスター)は、アメリカに拠点を置くブランドです。高品質でコストパフォーマンスを両立し、北米市場の規準、規定に合格しています。
NEXEN

(ネクセン)

韓国を代表する大手タイヤメーカーNEXEN。 革新的な技術と品質の高さが評価され世界の自動車メーカーが 純正装着タイヤに採用しています。 欧州サッカーのトップチームであるマンチェスターシティの オフィシャルパートナーとしても有名です。
DURO

(デューロ)

DURO(デューロ)は、1945年に設立された台湾の老舗のタイヤメーカーです。台湾に本社を構え、住友ゴム(日本ダンロップ)と技術協力、EECによるECマーク承認、ISO-14000証明書所得など信用のおけるタイヤブランドです。
NITTO

(ニットー)

TOYOタイヤの海外輸出向けブランドNITTO(ニットー)。米国でコアなファンに支持を受けており、デザイン性、革新性をコンセプトとした、ラグジュアリースポーツカーやSUV向けの大口径タイヤが充実しています。
DUNLOP

(ダンロップ)

世界的大手タイヤメーカーDUNLOP(ダンロップ)。1909年に日本でゴム製品の製造を開始し、1913年には日本初となる自動車用タイヤを製造しました。ハイドロプレーニング現象の解明や新技術の開発など、常に利用者へ安全を提供するために惜しみない努力を傾注しています。
BRIDGESTONE

(ブリヂストン)

世界No.1タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)。「世界最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、1930年の第一号タイヤ誕生から2005年には数あるタイヤメーカーの中から、世界トップシェアとなりました。今もなお業界最大手として技術革新に余念がありません。
GOODYEAR

(グッドイヤー)

世界三大タイヤメーカーの一社GOODYEAR(グッドイヤー)。1898年に米国で創業して以来、110年以上にわたってタイヤを製造しています。ユーザーニーズを満たす高品質な製品の生産、環境や人々の未来を考えた技術で、今もなお、進化を続けるタイヤメーカーです。
FALKEN

(ファルケン)

欧米を中心にタイヤの販売を行う日本のグローバルタイヤブランドFALKEN(ファルケン)。“勝つためのタイヤ”として、サーキットで培った技術を市販タイヤに応用し、日本を代表するブランドとして、新たな飛躍を遂げています。
PIRELLI

(ピレリ)

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)。世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。
YOKOHAMA

(ヨコハマ)

日本を代表するタイヤメーカーのひとつYOKOHAMA(ヨコハマ)。1917年の創業以来、タイヤをはじめ、工業用品、スポーツ用品等、数々の製品を世に送り出してきました。1954年には、日本初のチューブレスタイヤを生産。常に技術の先端に挑戦し、新しい価値を創り出しながら成長し続けています。
MICHELIN

(ミシュラン)

フランスの大手タイヤメーカーMICHELIN(ミシュラン)。世界3大タイヤメーカーの1社。安全性、快適性、耐久性に優れたバランス設計に定評があり、世界のさまざまなカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されています。
BFGOODRICH

(ビーエフグッドリッチ)

アメリカの大手タイヤメーカーBFGOODRICH(ビーエフグッドリッチ)。現在は世界3大タイヤメーカー、ミシュランの1ブランドとして大型SUV用タイヤを中心に展開しており、オフロードタイヤは、ダカールラリー等で大活躍しています。

参照:オートウェイ公式サイト

ご覧いただいた通りかなりたくさんのタイヤブランドを取り扱っています。在庫も70万本以上用意されているほか、ホワイトリボンタイヤやホワイトレタータイヤ、一般のお店では店頭に置いていないような特殊なサイズのタイヤなど様々な種類のものを検索することができます。

確かに凄いけどあまり聞いたことのないメーカーが多いような・・?品質は大丈夫なの?

安心してください。オートウェイで取り扱っているタイヤは国際的な品質規格を通ったもののみとなっています。また、取扱商品は全てPL保険に加入しているので安心して利用することができます。

つまり、オートウェイで取り扱っているタイヤはその価格の安さだけではなく、品質や安全を重視される方にとっても安心して利用することのできる仕組みとなっているのです。

実際にどのくらい安いのか?

ここまででオートウェイという会社がしっかりとした安心できる会社だということ、激安輸入タイヤから有名ブランドタイヤまで幅広いタイヤを取り扱っているということが分かったかと思います。

そこで激安タイヤとはいうものの有名メーカーのタイヤと比べて実際にどの程度安いのか?というのを比較して見たいと思います。

今回比較するタイヤは日本を代表するハイブリッドカープリウスの純正タイヤのサイズである215/45R17で比較をしてみました。

BRIDGESTONEの場合

ZEETEXの場合

うわ、1本で1万円も違う?!これは確かに国産タイヤ1本の値段で4本買えるというレビューもあながち嘘じゃないですね。

いかがでしょうか?BRIDGESTONE NEXTRYは13,540円、ZEETEX HP2000は3,090円と1本でなんと10,540円もの差があります。

4本購入前提で比較して見るとBRIDGESTONE NEXTRYは54,160円、ZEETEX HP2000は12,360円とその差は41,800円と物凄いことになります。

確かにBRIDGESTONE1本の値段でZEETEXが4本購入出来てしまいますね。

同じサイズのタイヤでここまで価格差があったらオートウェイの展開する格安輸入タイヤの人気が出る理由も納得がいきますよね。

自分の車のタイヤサイズで価格を比較して見る
自分が乗っている車のタイヤサイズで価格を知りたい方は↑のリンクから簡単に調べることができます。気になった方は是非比較して見てください。

購入したタイヤはどこで取り付けるべきか

ネットで購入したタイヤを一般のお店に持ち込むと通常のタイヤ取付料金より高くなるってよく聞くんだけど・・

そうですね。一般的にはネット等で格安で購入したタイヤをディーラーやスタンド、オートバックスなどのお店にもっていって取り付けを依頼すると持ち込み自体を断られてしまったり、工賃が通常より割増の料金を取られてしまうということが多いです。

これはこれで一般のお店にはそれなりの理由があるので致し方ないことだとは思うのですが、せっかく安く購入したタイヤなのに工賃が高かったら意味がないですよね。

ですが安心してください。オートウェイでは全国に約3300店ものタイヤ取付協力店という仕組みを作り上げています。タイヤを購入した後最寄りのタイヤ取り付け店に直送することでそのままそのお店でタイヤを取り付けてもらうことができるんです。

しかも工賃の料金体系も全国統一で分かりやすくなっています。具体的に言うと、

全国統一の料金体系(1本あたり税別)
  • 15インチ以下・・・1,800円
  • 16~18インチ・・・2,200円
  • 19~20インチ・・・2,700円

と非常にシンプルで安めの料金設定となっています。ただし、オートウェイでタイヤを購入する場合にはタイヤ1本あたり1080円(税込み)送料がかかります。見落とさないように注意しましょう。

自宅でタイヤを受け取ったり重いタイヤを持ち運ぶ心配もないのでかなり使いやすいサービスとなっています。

タイヤを買うならオートウェイがおすすめ!

ここまでオートウェイの魅力を伝えてきましたがいかがでしたでしょうか。少し前まではタイヤ交換といえばディーラーやタイヤ販売店などで購入し取り付けもそのまま行うという流れが一般的でした。

ですがオートウェイの人気が物語っている通り、今の時代はいかに安くタイヤを購入し、いかに安く取り付けるかというのがユーザーから求められているのだと思います。気になった方は1度オートウェイの公式HPをチェックしてみてください。

オートウェイの公式サイトをチェックする

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる