コラム

運転初心者はバックカメラを取り付けたほうがいいって本当?

あまり車の運転に慣れていない初心者の方は車幅の感覚がよくわからなかったりバック駐車が苦手だったりと車を運転するにあたって何かと苦労が多いのではないでしょうか。

特に車庫入れやバック駐車などの後方確認がしづらい時には後ろに下がりすぎてしまったり、死角に気づかずにバンパーを擦ってしまったという経験のある方もいるのでは?

基本的にはこうした悩みは車に乗り始めた初心者の時期には誰もが通る道で、車に慣れることで自然と解決していく悩みでもあります。

ですが、車に慣れる前に車をぶつけてしまったり、交通事故を起こしてしまうのは絶対に嫌だと考える人もきっと多いことでしょう。

そんな時に役に立つのが「バックカメラ」で、車の後方に取り付けることでバック時に死角になりやすい後方の視界をきちんとナビの画面上で確認できるようになり、車をぶつけてしまうなどといったリスクを限りなく低くすることができます。

この記事では運転初心者におすすめの便利なアイテム「バックカメラ」について解説していきたいと思います。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

バックカメラって何?

ここまで当たり前のようにバックカメラと言ってきましたが、車にあまり詳しくない方の中にはバックカメラとは一体何なのか?と疑問に思う方も多いですよね。

バックカメラ(バックモニターともいわれている)とは車の後方部分(主にリアバンパーに取り付けることが多い)に取り付ける後方確認用のカメラのことで、駐車時などの後方確認が必要な時にナビの画面上などに後方の視界を写すことのできるカメラの事を指します。

車の運転にまだ慣れていない初心者の方や車の運転があまり得意ではない方、ミニバンなどの死角の多い車に乗っている方などには必須ともいえるアイテムで現在では多くの方が取り付けているなどすっかり市民権を得ることとなりました。

安全上の理由から既に海外ではこのバックカメラの取り付けを義務化している国もあるんですよ。

バックカメラは取り付けたほうが良い?

今ではすっかり市民権を得て、多くの方が車に取り付けるようになったバックカメラですが、それでもまだバックカメラを取り付けたほうが良いのかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

中には「バックカメラに頼っているといつまでたっても車の運転が上手くならない」などといった意見がありますが、結論から言えばバックカメラは取り付けたほうが安全だという事は間違いありません。

確かに、「バックカメラだけを見て実際の道路状況を自分の目で確認しない」だとか、「バックカメラの付いていない車には怖くて乗ることができない」というような状況になるまで依存してしまうのは問題です。

しかし目視では絶対に見ることのできない死角も車に乗りながらにして安全に確認することができるのでバックカメラが付いていない車と比べても安全性は格段に上昇します。

バックカメラのメリット

後方の視界が広がる

バックカメラを取り付ける最大のメリットは何と言っても後方の視界が広がることです。

車を運転しているとどうしても目視では確認することのできない死角というのができてしまいますが、バックカメラを取り付けることでこの後方の死角を限りなく減らすことができるようになります。

バック駐車をするときや車庫入れをするときにはとても大役立ちで、巻き込み事故や接触事故の確率を限りなく減らすことが可能になります。

また、バックカメラだけではなくソナー機能と言われるセンサーを利用して付近の障害物を検知して光や音で運転者に知らせてくれる機能と組み合わせることでより安全性を高めることができるようになります。

こうした後方の視界を広げることで死角を減らすことができ、車に乗りながらにして安全を確認することができるというのがバックカメラを取り付ける上での最大のメリットでしょう。

バックカメラのデメリット

購入・取り付け費用がかかる

正直なところバックカメラを取り付けることのデメリットはあまりないとは思いますが、あえてデメリットをあげるとすれば購入費用と取り付け費用がかかってしまうということでしょうか。

しかしバックカメラの購入や取り付けにかかる費用は多く見積もっても精々数万円程度です。

一度車をぶつけてしまった経験のある方などは分かるかと思いますが、バンパーやドアなどを擦っただけでもその修理費は数万円~数十万円と高額な修理費用が必要となってくることが多いですよね。

そうした事故を未然に防ぐことができると考えるとバックカメラの購入や取り付けにかかる数万円程度の費用は結果的に安いと言えるのではないでしょうか?

車をぶつけてしまった時の修理費用を考えると、取り付けにかかる費用はむしろ安いと考えるべきでしょう。

余裕があるならバックカメラは絶対に取り付けるべき

ここまでバックカメラについて解説してきましたが、取り付けに必要な金銭的余裕があるならどんな車であってもバックカメラは絶対に取り付けるべきだと私は思っています。

なぜなら安全性に関してはやりすぎて困ることはないと考えているからです。普段当たり前のように運転している自動車ですが、使い方を間違えれば簡単に人の命を奪ってしまう凶器にもなりかねません。

いくら自身で気を付けていたとしても人の力だけではどうしても限界があります。自動ブレーキやエアバッグなどがそうであるように最新の技術に頼ることも必要です。

記事中にも書きましたが、バックカメラは既に海外では取り付けの義務化が決定している国があったり国内でも取り付けの義務化が検討されているなど安全装置としての実績・必要性は広く認められているものです。

繰り返しになりますが、安全性に関してはやりすぎて困ることはありません。使えるものはすべて使ったうえで、より安全な運転を心がけるようにすることで安心で安全なカーライフが送れるのではないでしょうか。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる