コラム

自動車盗難の新たな手口「リレーアタック」って何?対策方法はあるの?

自動車盗難の新たな手口「リレーアタック」って何?対策方法はあるの?

最近の自動車であればほぼ全てに採用されているスマートキーの特性を悪用した「リレーアタック」と呼ばれる新たな自動車盗難の手口が流行っているってご存知ですか?

現在、日本で販売されている自動車の多くは最新のスマートキーが採用されています。

スマートキーはイモビライザーと呼ばれるセキュリティシステムと連動しており本来であればハイテクで防犯性能の高い盗難防止装置としての役割を果たしているのです。

しかし、このシステムを悪用したリレーアタックを受けることによって例え最新の自動車であったとしても知らない間に盗難されてしまう恐れがあるということなんです。

この記事では自動車盗難の新たな手口「リレーアタック」の仕組みや対策方法について簡単にまとめてみました。

リレーアタックとは?

スマートキーは常に微弱な電波を出し続けており、鍵を持った状態で車のドアノブに触れると車体とスマートキーのIDコードが照合され施錠・開錠される仕組みになっています。

リレーアタックはこのスマートキーのシステムを悪用した全くもって新しいタイプの自動車盗難方法です。

スマートキーから発せられている固有のIDコードを持った微弱な電波を特殊な受信機で拾い、更に増幅してスマートキーと同じIDコードを持った電波を再び自動車に発信します。

すると車体側は、スマートキーから正しいIDコードを持った電波を受信したと勘違いしてしまい、ドアロックの開錠はもちろん、エンジンの始動まで可能になってしまうんです。

ドアロックの開錠どころかエンジンの始動まで出来てしまうということは、そのまま自走で走り去っていくことも可能なので、非常に簡単かつ迅速に盗難されることになります。

リレーアタックの手法は?

リレーアタックの主な手順
  1. 犯行グループの1人がスマートキーを持った運転手に接近
  2. 特殊な受信機を使いスマートキーの微弱な電波を受信する
  3. 受信した微弱な電波を増幅させ近くにいる仲間に送信する
  4. 増幅した電波を受信した受信機を盗難させる車に近づける
  5. 車はスマートキーの正しい電波と勘違いし開錠してしまう
  6. ドアを開け、エンジンを始動しそのまま走りさってしまう

以上がスマートキーのシステムを悪用したリレーアタックの主な手順となっています。犯行は主に複数人のグループで行われ、自分では気づかないうちに盗難されてしまいます。

元々は海外で流行していた盗難方法の1つではあるのですが、最近では日本でも同様の手口による自動車の盗難が増えているとのことで、今後も被害の拡大が予想されています。

盗難後は自動車をバラバラに解体してパーツとして売ったり海外への輸出、特殊な装置を使い異なるスマートキーでもエンジンを始動できるように改造することもあるようです。

リレーアタックの対策方法は?

リレーアタックはスマートキーが発信する微弱な電波を不正に受信することで成り立つ盗難方法なので、この微弱な電波を遮断するということが1番の対策方法となります。

スマートキーの設定自体を変更したり、微弱な電波を遮断するケースに入れるなど様々な方法があるのでここで簡単に紹介します。

電波遮断ケースを使用する

リレーアタックを防止するにあたって最もかんたんでお手軽な対策方法といえば、スマートキーが発する微弱な電波を遮断するケースやポーチを使用するということです。

普段、日常的にもスマートキーをお気に入りのキーケースに入れているという方も多いのではないでしょうか?そのケースを電波遮断ケースに交換するだけでも効果があります。

ただし、電波を遮断してしまうため、ドアを開けるときやエンジンをかけるときにスマートキーをいちいち取り出す手間が増えてしまうというのが唯一のデメリットでしょうか。

とはいえ車が盗難されてしまうリスクと比較するとぜひとも導入したいアイテムの1つだということができます。

節電モードに設定する

比較的新しい自動車(メーカーによって設定の有無があります)ではスマートキーの微弱な電波の発信をオフにすることができる節電モードが搭載されているものがあります。

車種によって設定方法が異なることもあるので取り扱い説明書をよく確認して設定するようにしましょう。もしわからなければディーラーへ相談すれば設定してくれるはずです。

ただし、この方法では微弱な電波が常にオフの状態となってしまうので、エンジンを始動する際にプッシュボタンの近くにスマートキーを近づけなくてはいけなくなってしまうなど、スマートキーのお手軽さという利点が損なわれてしまうのが欠点です。

物理的な盗難防止グッズを使用する

1度、初心に帰って物理的な盗難防止対策に努めることも重要です。例えば自宅にシャッターを設置する、防犯ライトや防犯カメラを設置するなど駐車場に対しての対策が1つ。

ハンドルを固定するハンドルロックやタイヤを固定するタイヤロックなど物理的に自動車を動かせないようにしてしまうような盗難防止グッズを活用するという方法もあります。

リレーアタックで鍵を開けることができても物理的に車が動かせないような状態になっていれば、盗難にかかる時間が長くなるため必然的にその車は狙われにくくなるはずです。

電波遮断ポーチや節電モードなどの対策と組み合わせることでより強力な盗難防止効果を発揮することができることでしょう。

リレーアタックについてのまとめ

スマートキーのシステムを悪用したリレーアタックによる自動車の盗難は、まだ日本では広く知られていませんが最近急速に増えている新たな自動車盗難方法の1つです。

リレーアタックを防ぐ手段としては電波そのものを遮断してしまう方法と物理的に自動車を動かせなくしてしまう方法など、今のところいくつかの対策方法が存在します。

ここでも紹介したいくつもの対策を併用することでより効果のある防犯対策になります。

悲しいことですが世の中から犯罪が消えてなくならないように自動車の盗難がなくなることもこの先きっとないでしょう・・。

常に明日は我が身だという認識をもって、日頃から各自で出来る限りの盗難対策を行うことが何よりも重要なのではないでしょうか。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる