エンジン

エンジンオイル漏れの原因と対処方法について

エンジンオイル漏れの原因と対処方法について

1台の自動車に長く乗っていればいるほど誰もが1度は経験したことのある定番トラブルといえばパッキン不良などが原因で発生するエンジンオイル漏れではないでしょうか?

ボンネットを開けたらオイルが滲んでいた、駐車場に黒いオイルがたれていた、車検時に整備士に指摘された、などなどエンジンオイル漏れに気づくタイミングは様々でしょう。

しかしいざエンジンオイルが漏れていると判明してもすぐに直さないといけないものなのか、何か危険があるのかどうか、というのはあまり分からないという人も多いですよね。

この記事では「エンジンオイル漏れの発生する原因やその対処方法について知りたい」という方のためにオイル漏れの発生する原因やその対処方法について書いていきます。

まずは漏れている液体の種類を正しく把握する

車から漏れる液体にはエンジンオイル以外にもエンジンを冷やしている冷却水やブレーキを作動させるブレーキオイルなど様々な種類のものがあります。

液体が漏れているからといって必ずしも何かが壊れているというわけではないのですが、液体が漏れると基本的には何かしらのトラブルにつながる可能性がとても高いものです。

一般的に車から漏れることの多い液体とその特徴や問題点をピックアップして一覧にしてみましたので参考にしてみてください。

液体 特徴 問題
無色透明の水 基本的に問題なし
冷却水 赤・青・緑の水 オーバーヒートの可能性
ガソリン ピンク色の液体 車両火災・爆発の可能性
ブレーキオイル 黄色っぽい液体 ブレーキトラブルの可能性
エンジンオイル 黒色っぽい液体 エンジントラブルの可能性

漏れている液体がただの水だけであるならば基本的にエアコンを使用したときに排出されるものが多いので余程のことがない限りあまりトラブルを疑う必要はありません。

ですが、この表で分かるように液体漏れは基本的に何かしらの重大なトラブルにつながる可能性が高いので早急にディーラーや整備工場などに連絡を取るようにしましょう。

エンジンオイル漏れにはいくつかの段階がある

また、一概にエンジンオイル漏れといってもオイルの漏れ方や程度の大小によっていくつかの段階があり、緊急性を要するものとそうでないものに分けることができます。

エンジンオイルが滲んでいる場合

主にパッキンの劣化が原因として考えることができ、エンジンオイル漏れの中でも1番症状が軽く、比較的多くの車が通る道でもあるのがこのエンジンオイルの滲みです。

名前の通りエンジンオイルが滲んでいる状態を指すもので、エンジン本体に漏れたオイルが滲んでいるため茶色く湿り気のあるような状態になっているというのが特徴です。

距離数を走った車や年数の経った車は必ずと言っていいほど通る道であり、エンジンオイルが滲んでいるだけであればそれほど緊急性を要するものではありません。

少量のエンジンオイルが滲んでいるだけであればどこかが壊れているという可能性は低いですし、車検にも受かることはできるので要経過観察といったところでしょうか。

とはいえエンジンオイルが滲んでいるということはどこかしらのパッキンが劣化しているという可能性が高いので余裕があればこの段階で修理しておくのがベストともいえます。

エンジンオイルが垂れている場合

エンジンオイルが滲んでいる状態からさらにパッキンの劣化がなど進むとエンジンオイルが滲むだけではなく、ぽたぽたと垂れはじめてくることがあります。

この段階になると駐車場や車庫などの地面にエンジンオイルが垂れていたり、エンジンオイル交換の時にオイルの消費が激しくなったなど視覚的にも気づきやすくなります。

また、1滴でもエンジンオイルが垂れるようであれば車検には受かることができないので車検整備時などにディーラーなどの整備工場からは修理を提案されることになります。

エンジンオイルが垂れる状態で車に乗るのは大変危険で、車両火災やエンジン焼き付きなどの重大な故障につながる可能性が高いため、大至急修理することが必要となります。

エンジンオイルが漏れる原因とその対処方法

さらに、エンジンオイルが漏れる原因は1つだけではなくいくつかあり、オイルが漏れる場所や原因によってその対処法も変わってくるのでしっかりと把握することが重要です。

カムカバーパッキンの劣化

ボンネットを開けてエンジンルームを上から覗いてみてオイルが滲んでいる・漏れている場合にはカムカバーパッキン(ヘッドカバーパッキン)の劣化が考えられます。

エンジンオイルが滲んでいる程度であれば問題ありませんが明らかに漏れ出している場合にはパッキン(ガスケット)の交換をしないとエンジンオイル漏れは収まりません。

カムカバーパッキンはどうしてもエンジンの熱などによって劣化していくものなので1台の車に長く乗ろうとすると交換は必須といってもいいくらいの部品であるとも言えます。

交換費用はどのくらい?

カムカバーパッキンの交換にかかる費用はエンジンの形によって作業工程に大きな違いが出るため車種やメーカーの違いによってその金額は大きな差があるので注意が必要です。

パッキン(ガスケット)自体の値段は大体1000~3000円程度ですが工賃は5000~50000円程度と車種によっては文字通り桁が1つ変わるほどの価格差があります。

とはいえ、一般的な軽自動車やコンパクトカーなどであれば整備工場に依頼をしたとしても部品代と工賃を合わせてもせいぜい10000~20000円程度で交換できるでしょう。

ドレンコックパッキンの劣化

車を下からのぞいたときにオイルパン周辺からエンジンオイルが滲んでいる・漏れている場合にはドレンコックパッキン(ドレンボルトパッキン)の劣化が考えられます。

ドレンコック(ドレンボルト)とはオイルパン(エンジンの下でエンジンオイルを受け止める受け皿)についているボルト(オイルを抜くときに外す)のことを指します。

ドレンコックにはオイル漏れを防止するためのドレンコックパッキンがついているのですがこれが劣化することでエンジンオイルが漏れる原因となってしまうことになります。

ドレンコックパッキンは基本的にオイル交換ごとに取り換える部品で、2回3回と使いまわすことはしません。価格も安いのでオイル交換に合わせて交換するようにしましょう。

交換費用はどのくらい?

ドレンコックパッキンの交換はエンジンオイルの交換と同時に作業をするのであれば基本的に追加の工賃はかかることはないので常に同時に作業することをおすすめします。

部品代も100円~300円程度と非常に安価でいつものオイル交換の請求書に数百円プラスされる程度なのでオイル漏れを防ぐためにもケチらず毎回交換するようにしましょう。

馴染みの整備工場などであれば通常のオイル交換時にサービスでドレンコックパッキンも取り換えてくれているお店も多いので何気なく聞いてみるのもいいかもしれません。

ショックアブソーバーの劣化

また、エンジンとは関係のない部品の劣化が原因でエンジンオイル漏れに繋がってしまう部品も存在します。その代表といってもいいのがショックアブソーバーの劣化です。

ショックアブソーバーとは走行中のタイヤから受ける衝撃を和らげるピストン状のパーツのことで、走行距離が増えるにつれこちらも劣化していく消耗品として考えられます。

ショックアブソーバーが劣化すると路面の凸凹や急カーブの衝撃をうまく和らげることができずに「ガタガタ」「ゴトゴト」と大きな振動が常にエンジンに伝わってしまいます。

つまり車が動いている限り常にエンジンが振動で揺られている状態となってしまい、パッキンが少しでも劣化していれば尚更エンジンオイルが漏れやすくなってしまうんですね。

ショックアブソーバーの劣化はエンジンオイル漏れの原因となってしまう以外にも車の乗り心地や走行安定性に大きく関わってくる部品なので定期的な点検が必要となります。

交換費用はどのくらい?

ショックアブソーバーの価格も車種によって大きな違いはあるものの概ね、部品代としては10000~30000円程度、工賃は20000~30000円程度がおおよその相場でしょうか。

ショックアブソーバーが劣化する原因としては普段凸凹の道を走ることが多いだとか段差があっても減速せずに勢いよく乗り越えるなどが一般的には考えられています。

つまり普段運転しているときに凸凹な道をなるべく避けるだとか段差はしっかりと減速するといった丁寧な運転を心がけるようにすれば寿命を延ばすことができると言えます。

エンジンオイル漏れは法律違反になる

あまり知られていないことではあるのですが、エンジンオイルがぽたぽたと垂れるほどの状態になった車を運転していると道路交通法違反で法律違反になることがあります。

さすがにエンジンオイルが漏れているので逮捕しますという警察官はいないとは思いますが、1滴でもオイルが垂れる状態だと車検は不合格になってしまうので注意が必要です。

エンジンオイル漏れについてのまとめ

最初にも書きましたがエンジンオイルが漏れている場所によってはそのまま走行すると車両火災などの重大なトラブルにつながる可能性もあり大変危険な状態と言えます。

さらにエンジンオイルが漏れているということはエンジン内に規定量のエンジンが存在しないということになりエンジン焼き付きなどの大きな故障にも繋がることにもなります。

どちらにせよエンジンオイルが漏れている状態でその車に乗り続けるというのは正に百害あって一利なしといってもいい状態で、発見次第早急に修理することをおすすめします。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる