豆知識

車のドアミラーから異音がする!考えられる原因と対策方法は?

ドアミラー

車のサイドミラーを動かそうとしたときに「ガタガタ」「ウィーン」などといった異音が発生し、どう対処したらいいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか?

一概に異音といっても「ガガガッ」「ガタガタ」といった音や「ウィーン」といった音など様々で、一体どこが壊れているのかは中々自分では判断することが難しいですよね。

いつもはしていなかった異音がしている以上、何かがおかしいということが分かっていても一体どう対処をすればいいのか分からないという方はきっと少なくないことでしょう。

この記事では「車のミラーから異音が発生する原因や対処法を知りたい」という方のために車のサイドミラーから異音が発生する原因とその対処法について書いていきます。

車のトラブルで困ったときは

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

車のサイドミラーから異音が発生する原因

一概に車のサイドミラーから異音が発生する原因といっても問題は1つではなくギアの破損やモーターの故障などいくつかの理由が考えられます。

モーターが故障している場合

車のサイドミラーからウィーーーンという音がずっと鳴っている場合にはサイドミラーを格納するモーターの故障が考えられます。

初期症状としてモーター音が鳴り続けていてもミラーの格納ができる場合がありますが、症状が進むとサイドミラーの格納ができなくなってしまう恐れがあります。

対処法としては部品が出るようであればモーター部分の交換を、出ないようであればサイドミラー一式の交換となります。

格納ギアが破損している場合

車のサイドミラーを格納しようとしたときに「ガガガ」「ガタガタ」というような音がする場合はミラー格納部のギア摩耗や破損が考えられます。

サイドミラーを動かそうとしたときに「ガガガ」「ガタガタ」と何かが噛み合っていないような機械音が発生し、実際にミラーの格納ができなくなってしまう恐れがあります。

対処法としては部品が出るようであれば格納ギア一式の交換となります。部品として出ない場合はこちらもサイドミラー一式の交換となります。

可動部の油が不足している場合

また、サイドミラーは動くが「ギィギィ」「ギシギシ」と軋むような音がする場合には単純に可動部分の油が不足しているだけの可能性もあります。

この場合の対処法としてはミラーの隙間からCRCや5-56などの潤滑スプレーなどを吹き付けることで動きがスムーズになり異音がしなくなることもあります。

基本的には部品交換ですぐに修理できるものが多い

車のサイドミラーから異音がする原因としては上記で上げたようにモーターの故障か格納ギアの摩耗・破損の場合がほとんどです。

どちらも消耗品なので年数が経てばたつほど痛みの出てくる部品で、車に乗っている限り避けては通れない故障であるともいう見方できます。

とはいえ、どのメーカーであっても交換部品はしっかりと供給できているので新しいものに取り換えることですぐに修理できる比較的軽度な故障でもあります。

費用の目安としては片側のミラーにつき1万5千円~3万円程度でしょうか。修理に必要な日数も部品さえ確保できていれば1日かからずに完了する作業です。

ただ、あまり日常的に発生する故障とは言えず、交換部品を在庫として確保している修理屋さんは少ないので修理を依頼するときは早めに部品の手配をしてもらいましょう。

費用はあくまでも一般的な目安です。ミラーにウィンカーの付いているものや曇り防止のヒーターが内蔵されているものは価格も高くなります。

車のサイドミラーは自分で交換できる?

少しでも修理費用を安く抑えるためにネットオークションなどで安価な中古品を購入して自分で交換をしようと考えている方も少なくないかもしれません。

確かにサイドミラーの交換はそれほど複雑な作業をするわけではないので、少し車の知識があれば自分でネットを使い部品を購入し交換することができる作業ではあります。

工程としては「ドアの内張を剥がす」→「サイドミラーのコネクターを取り外す」→「サイドミラー固定ボルトを取り外す」→「新品のサイドミラーと交換」だけですからね。

ですがドアの内装を剥がしたり特殊な道具が必要になるなど、全くの素人には少々ハードルの高い作業ではあるので基本的にはディーラーなどに任せることをおすすめしますよ。

サイドミラーの寿命を延ばすには?

裏技というほどのことではないのですがサイドミラーの寿命を延ばすことのできる方法があります。それはサイドミラーをできるだけ開閉(格納)しないことです。

というのも、モーターも格納ギアも稼働するから摩耗してしまうわけでして、特にギアに関しては樹脂で作られているものが多いので使えば使うほど傷みやすいんですよね。

なのでサイドミラーの開閉をなるべくしないようにすればギアやモーターの摩耗や消耗が原因による故障の可能性を減らすことができるという訳です。

ただ機械というのは基本的に動くように設計されているものなので、あまりにも長期間動かさないでいるとそれはそれで調子が悪くなってしまうということもあるのです・・。

この方法はあくまでも摩耗による故障を減らすことができるというだけであって確実に故障しなくなる方法という訳ではないのでご理解ください。

まとめ

車のサイドミラーから「ガタガタ」「ギシギシ」「ウィーン」と異音がする場合その原因の多くは格納ギアの摩耗か格納モーターの破損が考えられます。

どちらも消耗部品であるためしっかりとメンテナンスをしていたとしても車に長く乗り続けるほど遭遇することにもなる比較的軽度なトラブルです。

最近のサイドミラーは電動で格納するだけではなくウィンカーがついていたり曇り防止のためのヒーターが内蔵されていたりとただミラーがついているだけではありません。

モノがハイテクになるということはそれだけ便利になるということですが、同時に故障する箇所やトラブルの元が増えるという事でもあるのです。

サイドミラーは車を安全に運転するためには欠かすことのできない安全装備です。少しでも違和感を感じたらすぐにディーラーなどへ連絡し修理をするようにしてくださいね。

もし、行きつけの修理工場がない場合には全国の修理工場が検索でき、無料で気軽に問い合わせや見積もりの依頼ができるグーピットを活用してみましょう。

自動車のパーツ持ち込み取り付けの流れや注意点!整備や修理の工場探しならグーピットがおすすめ! 全国のくるま屋さんに無料で見積もりが取れる 問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】 自動車のパーツ持ち込み取り...

自分の家から近いお店や工賃の安いお店を全国の修理工場の中から探すことができますよ。

グーピットの公式サイトはこちら
クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる