コラム

修復歴のある車(事故車)は購入しても大丈夫?リスクやデメリットは?

修復歴のある車
新しく中古車を買い換えたいんだけど、修復歴のある車って実際どうなんだろう?価格が安いから魅力的なんだけど・・。
修復歴って事故を起こしたことがある車のことだよね?安全性はどうなんだろう?なんだかちょっと心配だよ。

カーセンサーグーネットなどで中古車を探していると「修復歴なし」の車と「修復歴あり」の車でカテゴリが分かれているということをご存知でしょうか?

中古車を探したことのある方はよく目にする光景かもしれませんが、一般的には修復歴のある車は修復歴のない車と比べて低い価格で販売されることが多くなっています。

一昔前までは修復歴のある車というのは購入する方から見ても「一度事故を起こしている車はなんかちょっとなぁ・・。」といった不安が、販売する方から見ても「事故車は売れづらいんだよなぁ・・。」といったネガティブなイメージがありました。

しかし現在では修復歴のある車を専門的に取り扱い、格安で販売を行う販売店もあり、1つのブームともなっています。また、ユーザーも少しでも安く中古車を購入するために積極的に修復歴のある車を探し出すなど修復歴のある車のイメージが見直されてきています。

そこで、この記事では実際に修復歴のある車は購入しても大丈夫なのか、走行する上で何か問題となる所はないのか、メリットやデメリット、考えられるリスクなどについて分かりやすくかんたんに解説していきたいと思います。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

修復歴のある車(事故車)は購入しても大丈夫?

修復歴のある車は修復歴のない車と比べてその価格が安いことからも非常に魅力的な選択肢ですよね。ですが多くの方が修復歴のある車はきちんと走るんだろうか?後になって故障がでてこないだろうか?と不安に感じているのではないでしょうか。

結論から言うと、修復歴のある車であったとしてもしっかりと修復されている車であれば基本的な走行において通常問題があるということはありません。ポイントはしっかりと修復されているということです。

一概に修復歴といっても様々な種類がある

実は修復歴といってもその修復の度合いは様々なものがあり、1台1台が全くの別物だと理解することが必要です。つまり一概に修復歴のある車と言っても事故の大小によってはちょっとした修復のものや大掛かりな修復を行ったものが混在しているということになります。

よくある修復歴のある車のイメージとして「まっすぐ走らない」だとか「曲がらない」というようなことがあげられるかと思いますが、そういったようなことは余程酷い修復を行っていない限り基本的にはほとんどありません。

車を修復するときにはなるべく元の状態に近くなるように修復されていきます。特に足回りなどの駆動系は車の走行や安全に関わることなので最優先で修復がなされていきます。

逆にいい加減な修復となりがちなのが目に見えない骨格部分や外装部分です。保険を使用した修理の場合にはほとんどありえませんが、自腹で修理をしている場合にはこうした確認しづらい部分が手抜きをされている可能性があります。

確かに、中には費用をかけずに表面上だけをある程度の形に修復して販売するという悪質な販売店もあることでしょう。ですがそうした車は正しい知識を持つことである程度見抜くことができるようになります。

修復歴のある車をチェックするポイント

販売店は修復歴のある車を販売する場合には修復歴がある旨を表示する義務があります。まずはこの修復歴の有無を必ずチェックするようにしましょう。

また、修復歴がある場合にはその修復箇所がどの部分なのか、どの程度の修復をしているのかということを確認するようにしましょう。ただし、ユーザー買取や下取りなどでその販売店で修復を行っていない場合には修復箇所や修復の程度が詳しくわからないこともあります。

そうした場合には費用がかかりますが中古車査定協会などに依頼をして査定をすることができます。査定士の資格を持ったプロの目で正しい査定をしてくれるはずです。

外観をチェックする

まずは一通り外観をチェックしてみましょう。この時バンパーやドアの取り付け部分の隙間などをよく見るようにしてください。修復をする際に寸法合わせなどが適当にされていると、このバンパーやドアの取り付け部などに不自然な隙間が生まれている可能性があります。

また、ボンネットを開けてもらいエンジンルームを確認することを忘れないようにしましょう。エンジンルームから見える骨格に目立つ傷があったり溶接した跡が見られるようであれば修復歴があるとみていいでしょう。しかし綺麗に修復してあるならそれほど問題はありません。

ですが素人目に見ても溶接が雑になされている場合や、そもそも骨格が曲がったまま修復されていないということも稀にあるようです。そうした車は後々トラブルのもとになりかねないので購入することはおすすめしません。

試乗してチェックする

外観のチェックが終わったら次は試乗をさせてもらえないか聞いてみましょう。やはり実際に運転して確かめてみることが大切です。

ハンドルを握ってみてきちんとまっすぐ走る状態かどうか、実際に走行してみて「カタカタ」「コトコト」「ミシミシ」などといった異音がしないかどうかなど音にも気を付けてみるようにしましょう。

年式の古い車の場合は多少「カタカタ」や「ミシミシ」といった音は仕方ないかもしれません。ですが比較的新しい車なはずなのにこうした異音が聞こえる場合には骨格が綺麗に修復されていない可能性があります。

真っすぐ走らない場合は部品交換や足回りの調整をすることで治すことができるかもしれませんが骨格を修正するのは簡単にできることではありません。もし疑問に感じるようなことがあれば中古車査定協会などに査定の依頼ができないか聞いてみるのも1つの手ではないでしょうか。

中古車選びはお店選びが肝心

中古車を探す際にはついつい自分の欲しい車を探すことに夢中になりがちですが、中古車選びをスムーズに済ませるためには実は良い中古車販売店を探すことが重要となります。特に修復歴のある車を購入する場合にはなおさら信頼のできる販売店を探す必要があります。

というのも、しっかりとした販売店であれば下取りや買取、オークション仕入れ等の車を仕入れる時点であまりに酷い修復歴のあるものは仕入れ自体することはありませんし、そのまま販売車両として展示するというようなこともありません。

なので、一般的には修復歴のある車を取り扱う場合にはその修復の程度が小さいものやしっかりと修復されているものなどが展示・販売されることになります。

ですが、中にはいい加減な販売店や最初から騙すつもりの悪徳な販売店が一定数存在するというのも事実です。(これは自動車業界に限らずどの業界でも一定数の悪徳業者というのは存在するものだと思うのでしょうがないとは思いますが・・。)

また、最近流行の個人売買では明らかに車の専門家ではない素人ユーザーが販売をしています。こうした個人ユーザーが車の状態を正確に判断することは基本的に不可能です。

業界の中では修復歴隠しやメーター巻き戻しなどの明らかな詐欺行為が横行しているという話をよく聞きます。なので正直なところ個人売買というのは個人的にはおすすめできません。

やはり、中古車とりわけ修復歴のある車を探す場合にはいかに信頼のできるお店を探し出すことができるかということにかかっています。

幸いにもカーセンサーやグーネットなどでは実際に中古車を購入したユーザーがその販売店の対応がどうだったかなどを口コミやレビューで書き込むことができるようになっています。

この販売店の評価をよくチェックするようにしましょう。あまりにもネガティブな評価が多い販売店は一度考え直してみたほうがいいかもしれません。

修復歴のある車も十分検討する価値はある

しっかりとした販売店で車の状態や修復の度合いを確認しながら購入することができるのであれば、例え修復歴があったとしてもそこまで心配する必要はありません。

むしろ修復歴がついているというだけで一般的な中古車よりも低価格で購入することのできる掘り出し物になるということもあり得ます。

中古車を探すとき、とりわけ修復歴のある車を検討しているときにはいかに信頼できる販売店を探すことができるかというのがポイントとなります。

カーセンサー

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる