コラム

自動車整備士を辞めて工場勤務の仕事に転職した友人が幸せそうだったという話

先日専門学校時代の友人の結婚式に行ってきました。それはもう本当におめでたい話でして、たくさんの友人たちと盛大にお祝いをあげた次第であります。

さて、ご存知かとは思いますが私は自動車整備の専門学校を出ておりまして、大手国内ディーラーにて自動車整備士の仕事をしておりました。

そんなもんで専門学校時代の友人には必然と自動車整備業界に努めている友人が多いわけなのですが、この結婚式で再会した友人たちの多く(8~9割程度でしょうか・・。)は既に自動車整備士ではなくなっておりました。

色々と話を聞いていると、やはり自動車整備業界のブラックさが嫌になってしまったようでして、自動車整備士から無事転職を果たした友人たちはみな幸せそうでありました。

ここでタイトルの回収となるのですが、今回の記事は自動車整備士を辞めて工場勤務の仕事に転職した友人たちが幸せそうだったという話でございます。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

改めて自動車整備士の仕事はブラックだと感じた

工場勤務 給料低い

今までも自分の自動車整備士としての経験を通し何度かこのサイトでも取り上げていることでもあるのですが、今回大勢の元自動車整備士たちから様々な話を聞いてみた結果やはり自動車整備士の仕事というのはブラックであると断言できるなと改めて思いました。

自動車整備士の給料は低いって本当?車好きは整備士になるべきではないというお話この記事を見に来てくれているという事は少なくとも自動車整備士の仕事内容や整備士の給料などの待遇に興味があるということでしょうか。 ...

結婚式あるあるだとは思うのですが、私の場合は特に専門学校卒なので同じような職種の友人たちが集まりやすいんですよね。

そんなもんで今回結婚した友人も元整備士だったので集まった友人たちはどうしても整備士だとか元整備士なんかが多くて仕事どう?なんて会話になるのは必然でして・・。

まぁ当然といえば当然なのですが現整備士の方たちは給料の少なさや残業の多さ、休日の少なさに嘆く方が多かったです。(というか嘆く人しかいません!)

面白かったのは元整備士の方たちで、転職をしてからというもの給料は上がり、残業時間も減って休日もしっかり取れるとそれはもう本当に幸せそうでした。

自動車整備士の転職先は工場勤務が多かった

あまりにも幸せそうな彼らを見ていたら色々と気になってきたので「ねぇねぇ、どんな職種に転職したの?どうやってそんなホワイトな仕事を見つけたの?転職してみてどうだった?」と根掘り葉掘り聞いてみました。

まず、自動車整備士の転職先として1番多かったのは工場勤務でした。中でも自動車メーカーの組み立て工場や自動車部品の組み立て・加工工場がダントツで多かったですね。

これはある程度予想していた結果でしたが、やはり自動車整備士としての経験があるので何も知らない仕事よりも経験を活かせる仕事を探したら自然と行き着いたという人が多かったようです。

また、自動車整備士をしていて苦痛だったのが(サービス業あるあるだとは思いますが)土日や祝日が休めない点で、工場勤務であれば土日や祝日はほぼほぼ休むことができるのも転職先として選ぶポイントが大きいようです。

仕事内容としても自動車の構造や部品の構造、名称などを知り尽くしているので仕事の呑み込みも早く作業スピードもすぐに追いつくことができるんだとか。

給料も整備士時代と比較すると約1.5倍と比べ物にならず、ボーナスもしっかりと支給されるため「国家資格まで取った整備士の仕事は一体なんだったんだろう・・」と最初は酷く落ち込んだとのこと。

簡単に計算してみましたが自動車整備士の給料を高めに見積もって25万円だと仮定すると1.5倍だと37.5万円ですか・・。

しかも自動車整備士では厳しいノルマやサービス残業、休日出勤を繰り返した挙句の25万円なわけで、繁忙期以外はほぼ定時で仕事の終わる工場勤務で1.5倍もの給料がもらえたらそりゃ絶句しますよね・・。

WEB業界など全くの別業種に転職する人もいた

自動車関連の工場勤務というのはある程度予想していた結果だったのですが、中にはWEB業界などの全くの別業種に転職したという強者もいました。

「自動車整備士などの現場作業いわゆるブルーカラーから見ればスーツを着てパソコンを使って仕事をするホワイトカラーってやっぱり憧れじゃん?」と彼は言っていました。

確かに今の時代はスマホやパソコンをある程度使用することができれば正直どうとでもなる時代で、現場作業しかしたことがないという人でも頑張りしだいではWEB業界などの仕事にも普通にありつけるんですよね。

特に今の時代ならオンライン上でプログラミングやWEBデザインなどを学ぶことのできるオンラインスクールなんかもたくさんありますし、現在の仕事を続けながらにして転職の準備ができたりするわけですし、いい時代になったものですよね。

どうやって条件のいい転職先を探したのか?

やっぱり気になるのはどうやってそんなに条件のいいホワイトな転職先を探し当てたの?ってことでしょう。正直ハローワークなんかを見てる限りじゃそんなに条件のいい会社って中々見当たらないじゃないですか。

経験者は語るじゃないけど、正直転職先を見つけるのにハローワークなんか使うのは時代遅れで転職エージェントをガンガン使えば条件のいいホワイトな会社はいくつも出てきます。

例えば工場勤務がしたいのなら工場勤務の求人情報に特化した転職エージェント、有名なところでは工場ワークス工場求人ナビを使えば自分の希望に合った会社をすぐに見つけることができます。

つまり、いい会社を見つけるためには受け身で紹介されるのを待つのではなく自分から好条件の会社を見つけに行くことが重要なんですね。

自分もちょっと転職エージェントを使ってボーナス有りや土日休みなどの条件を付けて色々と検索してみましたが、自動車の組み立て工場は恐ろしい位に羽振りがいいですね・・。

まぁトヨタ自動車なんかは今や世界一の自動車メーカーですし他の国産メーカーだって世界中で確固たる地位を得ているわけですから当たり前といえば当たり前なのでしょうが。

そのバブリーさが自動車整備業界にも舞い降りてくれれば一番いいんのですがどう考えてもそれは望み薄ですからね・・。

もし自動車整備士の仕事に限界を感じていて好条件の転職先を探しているのなら1度、転職エージェントを使って色々と調べてみるといいかもしれません。

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が何か1つでも役に立てたなら幸いです。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる