コーティング

ウォータースポットやイオンデポジットの発生する原因と対策・除去方法について【ボディについた白いシミ】

車を洗車してピカピカにしたと思いきやボディやガラスをよく見てみると、白い輪っかのような水玉状の汚れが残っていることに気づくことがあるかと思います。

洗い残しかな?ともう一度洗ってみたり一生懸命拭いてみても上手く取ることができずにどうしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

特に黒いボディなど色の濃い車の場合には一般的な汚れと比べてより一層目立つ汚れとなるのでどうにかして落としたいと思っている方も少なくないことでしょう。

こうしたボディやガラスに発生する水玉状の白い輪っかのようなシミ状の汚れは「ウォータースポット」や「イオンデポジット」と呼ばれています。

そして残念なことにこのウォータースポットやイオンデポジットは1度発生してしまうと洗車をしただけでは中々取ることのできない厄介な汚れでもあるのです。

ですが安心してください。状態によっては例えDIYでもきちんとウォータースポットやイオンデポジットを除去することのできる方法は存在します。

今回の記事ではこのウォータースポットやイオンデポジットの発生してしまう原因やおすすめの除去剤について書いていきます。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

ウォータースポットとイオンデポジット

洗車をしても中々落とすことのできない白い水玉状のシミはウォータースポットやイオンデポジットと呼ばれています。

名称が違う事からも分かる通り厳密に言えばこの2つは別物ではあるのですが、一般的にはボディの塗装面等に付着する白い水玉状のシミを指すことが多いようです。

ウォータースポットとは

ウォータースポットとは雨が降った後や洗車の後などにボディの塗装面に残った水滴が原因となって発生する症状(白い水玉状のシミ)を指します。

ボディ上に残った水滴が虫メガネのレンズのような役割を果たしてしまい太陽の熱によって水分が蒸発し、塗装面が焼き付き白いシミのようになってしまうのです。

ウォータースポットが発生しやすい箇所として太陽光が直接照り付け水分が蒸発しやすいボンネットやルーフ(屋根)があげられます。

特に気温の高い夏場では雨が降った後や洗車の後の水滴は一瞬で蒸発してしまうので、蒸発する前にいかに素早く拭き上げるかというのが重要になってきます。

イオンデポジットとは

イオンデポジットとは雨が降った後や洗車の後などにボディの塗装面に残った水分中の不純物が原因となって発生する症状(白い水玉状のシミ)を指します。

ボディに付着する水分として雨はもちろん洗車に使用する水道水も純粋な水という訳ではなく、イオン成分やミネラル成分などの不純物が含まれています。

こうした不純物を含んだ水がボディから蒸発する際に塗装面にはイオンやカルキといった不純物だけが残り白い水玉状のシミとなってしまうのです。

白い水玉状のシミという点ではウォータースポットと似ているのですが、よく見てみるとシミのフチが不純物によって盛り上がっているのがイオンデポジットの特徴です。

クレーター

イオンデポジットを長期間放置してしまうと症状が進行してしまい、クレーターと呼ばれる塗装面の凹みに発展してしまいます。

先ほども書きましたがイオンデポジットはシミのフチが不純物により盛り上がっているため、1度発生してしまうと水滴が溜まりやすくなってしまうのです。

すると酸性雨などが原因で不純物が一ヶ所に集中して堆積していくのでどんどん局所的に浸食されていくことになります。

最終的には塗装面が凹んでしまいクレーターとなったり、塗装の被膜が割れてしまうなどといった取り返しのつかない事態にまで進展してしまうことになります。

こうなってしまうと塗装のし直しをしないとどうにもならなくなってしまうので、なんとかしてクレーターの発生する前に対処をすることが重要です。

ウォータースポットやイオンデポジットの除去方法

車のボディに発生する白い水玉状のシミの正体がウォータースポットやイオンデポジットであるということや発生する原因がなんとなく分かったかと思います。

そしてこのウォータースポットやイオンデポジットは普通に洗車をしただけでは落ちることはないというのはみなさん身をもってご存知のことでしょう。

ではどのようにすれば除去できるのか?というのが気になるところですよね。ここではウォータースポットやイオンデポジットの除去方法について書いていきます。

専用のクリーナー(除去剤)を使用する

ウォータースポットやイオンデポジットはシミができ始めた初期段階であれば専用のクリーナーを使用することで除去することができます。

使い方も簡単でボディ全体を一度キレイに洗車した後に、スポンジに専用クリーナーを適量つけて気になる箇所をこするだけ。

状態によっては何度も根気強くこすり続ける必要があるかもしれませんが、余程状態が酷くない限りはこの方法でキレイに除去することができるはずです。

注意が必要な点として除去剤はボディの塗装を痛めてしまう可能性もあるので使用後はすぐに水で洗い流すことが必要です。

また、手が荒れてしまう可能性もあるので皮膚が弱い方はゴム手袋をするなど、手に直接クリーナー(除去剤)が触れないような工夫をするようにしましょう。

専用のコンパウンドを使用して研磨する

専用のクリーナーを使用しても除去できない場合にはポリッシャーとコンパウンドを使用してボディの塗装面を研磨するという方法もあります。

ポリッシャーとは塗装面を研磨するための電動工具のことで、コンパウンドと言われる磨き粉(研磨剤)を使ってボディの塗装面を整えることができます。

ただし、この方法はできることならしっかりとしたプロの手にお任せしたいところです。

というのもポリッシャー自体が高価な品物ですし、使い方を誤るとかえってボディの塗装面を痛めてしまうことになってしまうからです。

板金塗装を行っている修理屋さんやボディの磨き専門店などにお願いすると腕のいい職人さんがピッカピカに磨いてくれますよ。

ウォータースポットやイオンデポジットの発生防止策

さて、せっかくボディをピカピカにしたとしても今までと同じ状態のままではすぐにウォータースポットやイオンデポジットが再発してしまいます。

せっかくキレイにしたのですからできる限りいつまでもこの状態を維持していきたいですよね。ここでは再発を防ぐ方法について書いていきます。

雨や洗車後の水分はしっかりと拭き取る

ウォータースポットやイオンデポジットはどちらもボディに付着する水分が原因なので、雨や洗車の後は必ず水滴を拭き取るようにしましょう。

また、ウォータースポットやイオンデポジットの発生原因そのものである水分を根本から断つために屋根付きの車庫に駐車するというのもおすすめです。

とはいえ、洗車の後の拭き上げはともかく雨の後も毎回拭き上げるというのはとても大変ですしあまり現実的ではないですよね。

そんな時は親水性のボディーコーティングをすることでウォータースポットやイオンデポジットを発生しづらくすることができます。

親水性ボディーコーティングという選択

このページを見ている方なら一度はボディーコーティングという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

実際に自分の愛車にもボディーコーティングをかけているよという方も少なくないことでしょう。

ですがボディーコーティングをかけている方のほとんどは撥水コーティングといわれる水をはじくタイプのコーティングなのではないでしょうか。

実はこの撥水コーティングこそウォータースポットやイオンデポジットが発生しやすくなってしまう原因の1つでもあるのです。

あまり知られていないことなのですがコーティングといっても撥水性のコーティングや親水性のコーティングなどいくつもの種類に分かれているんです。

ここでは広く一般的に知られている撥水性のコーティングと親水性のコーティングについて書いていきます。

撥水性コーティング

水をはじく撥水(はっすい)性のあるコーティングのことで、水が触れるとコロコロとした水玉状の水滴になりコーティングの施されたボディを転がっていきます。

水をはじくその様は一目見てコーティングが施されるていると分かるほどで、世間一般的にはコーティングというとこの撥水性コーティングを指すことが多いです。

メリットはなんといっても水玉状の水滴が走行時の風や振動で簡単に飛んでいくことです。

しかし、駐車時などではボディ上にたくさんの水滴が発生してしまうことで逆にウォータースポットができやすくなってしまうというデメリットも抱えています。

撥水コーティングをかけていたとしても雨が降った後はすぐにボディ上の水滴を拭き上げないとウォータースポットが発生してしまうので注意が必要です。

親水性コーティング

水と親和性のあるコーティングのことで、水と馴染み大きく広い水の膜を作り出すことによって水玉を発生させづらくしたコーティングのことを指します。

水をはじかないため、一見するとコーティングが施されているか分かりづらいというデメリットがありコーティングをしている満足感が低くなる傾向にあります。

しかし、親水性コーティングの施されたボディ上には水玉状の水滴が発生しなくなためウォータースポット対策として非常に相性の良いコーティングとなります。

水をはじかないのでコーティングをかけた満足感は低いかもしれませんがウォータースポット対策としては非常に相性の良い実用的なコーティングです。

撥水性コーティングと親水性コーティングどっちがおすすめ?

では撥水性コーティングと親水性コーティングはどちらがおすすめなのか?という話になるのですが答えは「何を求めているか」で変わるのではないでしょうか。

コーティング本来の役割であるボディ塗装面の保護であると捉えるのであればウォータースポットのできにくい親水性コーティングの方が良いのでしょう。

しかし、撥水性コーティングのしっかりと水をはじく様は見た目的にも非常に満足感が高いため現在のコーティング市場で人気の高い理由も理解ができます。

なので個人的な意見としては車庫や屋根付きの駐車場で雨に晒されずに車を保管することができている人は撥水性コーティングが良いのではないかと。

逆に青空駐車になってしまい車が雨や直射日光に直接晒されてしまうことが多い人には親水性のコーティングがベストな選択肢なのではないでしょうか?

まとめ

ウォータースポットやイオンデポジットはいずれもボディの塗装上に残る水滴が原因となって発生する厄介なシミです。

特に真夏の暑い時期には、雨が降った後や洗車の後にボディについた水滴は一瞬で蒸発してしまうので、いかにすぐ拭き上げるかという事が重要になってきます。

また、もしウォータースポットやイオンデポジットが発生したとしても症状の軽いうちなら専用のクリーナーやコンパウンドを使うことで除去することが可能です。

ボディに付着する水滴が原因な以上、例えボディーコーティングをしていたとしても完全に防ぐことは難しいため症状の軽いうちに対策を行うよう心掛けましょう。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる