コラム

自動車整備士はいつまで続けるべき?転職するならどんな職業がおすすめ?

自動車整備士はいつまで続けるべき?

この記事を見ている方の多くは現在自動車整備士として働いている方が多いかと思います。更に言うと、自動車整備士としてこのまま今の仕事を続けていくべきか転職すべきなのか悩んでいるのではないでしょうか。

自動車整備士として何年も働いてきてある程度の経験とスキルが身についてきたけど、給料は低いし残業も多い・・。正直なところ一生現場で整備士の仕事をするつもりはないのだけれど、はたして今後はどうするべきなのか・・。

自動車整備士として働いてきた自分にはいったいどういった選択肢が存在するのか知っておきたい・・。この記事ではそんな疑問にお答えします。

自動車整備士は早いうちに転職すべき仕事

自動車が好きで自動車整備士になったけれど、給料は低いし毎日残業で日付が変わるまで家に帰れない・・。転職したほうがいいのかな・・?

現在自動車整備士として働いている方の多くはきっとこう思っているはず。正直なところ、自動車整備士という仕事はよっぽど気に入っている場合や自分に合っているという場合を除きさっさと転職すべき仕事です。

給料が低すぎる

自動車整備士の給料は国家資格が必要な仕事なのにも関わらず正直ひいてしまうレベルで低すぎます。働き盛りの20~30代ではどんなに良くても20万円前半がいいとこでしょう。

ベテランもベテランの40~50代になってやっと20万円台後半に達するかどうかです。しかし40~50台になって現場の一線で整備士の仕事を続けるのは体力的にキツイです。

待遇が悪すぎる

自動車整備士の仕事はこれが本当に21世紀なのかと疑いたくなるくらいには待遇が悪いです。私もそうでしたが、忙しい店舗では日付が変わるような時間まで平気で残業をしなくてはいけません。

それでも仕事は終わらないですし、あまりの忙しさに現場は常にピリピリとしているので職場の雰囲気も最悪です。しかも業界的に体育会気質でブラックな業界なのでこの先の好転やホワイト化も正直なところ望めません。

つまり、自動車整備士は一生をかけて続ける仕事ではないと言えます。チャンスがあれば転職すべきなんです。

自動車整備士の転職候補は大きく分けて3つ

その1:上流にいく

転職というよりはキャリアパスとなりますが、会社の中でより上流にいくことです。要するに本社勤務などですね。

ディーラーでの例を出すと、「自動車整備士→工場長→本社勤務」というパターンですね。あまり多くはないですが、こういったキャリアを積む方も見かけます。

まず整備士から工場長になることで仕事の内容はがらりと変わってきます。現場の作業員から管理職になるわけですから当たり前といえば当たり前なのですが、現場で働いている整備士や店舗全体をマネジメントが主な仕事になってきます。

更に工場長から本社勤務へとなると、それぞれの工場長や各店舗の人員や売り上げをマネジメントをすることになります。

現場仕事ではなくなり体力的には楽になりますが、会社と現場の人間との板挟みとなるので体力の代わりに精神を消耗することになります。

とはいえ、人とのコミュニケーションが好きな人には選択肢としては十分ありですし、転職をする必要のないキャリアアップなので安定感を求める人にはいいかもしれませんね。

その2:独立をする

自動車整備士の転職先?として多いのが独立でしょうか。自動車整備士として工場長などの立場を経験をした方に多い選択肢ですね。

自動車整備士として現場のスキルを高める、工場長として人員のマネジメントや店舗全体の売り上げをコントロールする、取引先や得意先とのコネを作っておくなど様々な経験をしている人が独立しても成功しやすいイメージですね。

反対に独立しても失敗する人が多いパターンに、自動車整備士の仕事が嫌で突発的に仕事を辞めてしまった人や取引先や得意先とのコネを作ってこなかった人でしょうか。

独立するという事は起業するという事でして、本来であれば資金やコネなどそれ相応の準備が必要になることなんです。

特に資金やコネは本当に大切でして、独立してうまくいくかどうかはこの2つにかかっていると言っても過言はないと私は思っています。

資金に関しては言わずもがなですし、意外と軽視されることの多いコネは世間で思われているよりもずっと会社経営には大切な物なんですよ。

ですので、将来独立を考えているのであれば独立資金を貯めておくことは重要ですし、部品業者や卸業者、上客や得意先とのコネというのは常に意識しておきたいものです。

独立した場合には、最初の方こそ現場仕事に経営、事務作業全般と大変忙しい日々を送ることになるかとは思いますが、一度うまく回りだせば社員を雇いだし経営一本に専念することができるようになります。

こうなってくればもはや勝ち組でして、自分が自動車整備士時代にどれだけツラく大変だったかをよく思い出し、現場の人間にとってホワイトな環境を作り上げてあげましょう。ホワイトな環境こそが新たな売り上げを作り出してくれるはずです。

その3:転職をする

やはり思い切って全くの別業種に転職するというのも1つの手です。転職をするにあたっては前職のスキルを活かせる仕事だと色々と捗ることが多いのですが、自動車整備士のスキルが活かせる仕事というのは残念ながらそうそう見つかりません。

しいて言えば、自動車や自動車部品の組み立て工場などは見慣れた部品や用語も多いため転職先として選択する人は多いようです。

ただ、転職というとどうしても今までの経験を活かした同業他社が多くなりがちですが、思い切って全くの別業種にチャレンジするというのも悪くはない選択肢だと私は思います。

というのも、一昔前の時代とは随分と違いまして、今やスマホやパソコン1つあればいくらでも仕事として成り立つんですね。

やる気さえあればプログラマーやWEB屋として働くことだって可能な時代なんですよ。ブルーカラーとして現場仕事をしてきた自動車整備士だって憧れのホワイトカラーに転職できるんです。いい時代になったものです。

自動車整備士は早めの将来設計が大切

さて、最初にも書きましたが自動車整備士の仕事というのはその待遇の悪さや将来性のなさから見ても一生続けていくような仕事ではありません。

となると、充実した人生を送るためには自動車整備士を経験した後にどうするべきか?という将来設計を早めにしておくことが大切であるといえます。

ここまでいくつか紹介してきましたが、転職をするにしても独立をするにしても早めの将来設計を行うこと、そしてそれを実現させるために何をしなくてはいけないのかということをよく見極めないといけないということになります。

先ほども書きましたが、今はとてもいい時代でして、スマホやパソコンなどのあらゆるツールが存在しているため本気になればブルーカラーからホワイトカラーの仕事に就くことだって全くもって夢物語ではありません。

繰り返しになりますが、自動車整備士の仕事は一生を捧げるべき仕事ではないと私は思って今す。一人の人間として充実した人生を送るためには早めの将来設計と自分自身の努力が必要だと思いますよ。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる