コーティング

車のガラスコーティングのメリット・デメリット!最強のガラスコーティング剤はピカピカレイン!

最強のガラスコーティング剤はピカピカレイン!

「愛車をいつまでもピカピカの状態で維持したい!」「手軽に愛車をメンテナンスしたい!」と考えている方は多いのではないでしょうか。

そのような人には、車のガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティング剤を塗布することで、施工業者に頼まなくても自身で車に輝きや光沢を与えられます。

このページでは、車のガラスコーティングを検討している方のために、どのようなメリットがあるのか、最強のガラスコーティングはどれなのか詳しくまとめてみました。

販売個数13万個突破!

最強のガラスコーティング剤ピカピカレイン

車のガラスコーティングのメリットをまとめてみた

硬い被膜でツヤを持続できる

車のガラスコーティングは、硬い被膜で表面のツヤを長期間に渡って持続できるのが大きなメリットですね。

何も施していない状態と比較してみると、ガラスコーティングで車のボディをキレイに維持できます。

なぜガラスコーティングでツヤを持続できるのか、理由について簡単に見ていきましょう。

①自動車の塗装は3層から4層で構成されている
②一番外側にクリア塗装を施してツヤを出している
③ガラスコーティングでは更に表面をガラス質の被膜で覆う
④ツヤを出しながらも塗装を酸化やキズから守ることができる

1回の塗布で数年間は効果が持続しますので、皆さんが考えている以上にガラスコーティングのコスパは最強です。

愛車の美観を維持したいのであれば、ガラスコーティングが役立ちます。

愛車の劣化を防いでくれる

愛車のガラスコーティングは、美しいツヤや美観の維持だけではありません。

表面に塗布しているクリア塗装を保護することで、愛車の劣化を未然に防ぐメリットもあります。

車のボディ面は下記のように様々な原因で少しずつ劣化していくのが特徴です。

・太陽の紫外線などの熱ダメージ
・大気汚染
・酸性の雨
・鳥のフンや虫の死骸
・鉄紛

この劣化を防いで愛車を守る効果がガラスコーティングにはありますので、長年使用している車のケアを怠っている方におすすめできます。

撥水性や親水性に優れている

ガラスコーティングは、撥水性や親水性に優れています。

簡単に説明すると、愛車の表面にガラスコーティングを施すことで水に強くなるわけです。

元々車の表面に施されているクリア塗装にも撥水の効果はありますが、年月の経過でだんだんと劣化していきます。

雨上がりの車を放置していると水垢やシミができやすく、その理由をいくつか見ていきましょう。

・乾燥して水分が蒸発するとミネラル分などの不純物だけが残って白く見える
・ボディに付いた油や煤が雨で流れた後に乾燥してシミができる
・同じ箇所に汚れが蓄積することで巨大化して簡単には落とせなくなる

もし薄いクリア塗装の上からガラスコーティングを施していれば撥水機能が向上するため、水垢やシミなどの頑固な汚れが付着しにくくなりますよ。

一口にガラスコーティングと言っても様々な種類がありますので、滑水性や親水性の高さで比較してセレクトしましょう。

3年間~5年間と耐久性が高い

ガラスコーティングと聞き、「頻繁に塗装すると費用の負担が大きくなるのでは・・・」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、ガラスコーティングは他の車のコーティングと比較してみると耐久性が高くなっています。

ここでは、「ガラスコーティング」「油脂系コーティング」「ポリマー系コーティング」を耐久性で比較してみました。

ガラスコーティング:入念な下地処理の後に強力なガラス質のコーティングを表面に施すため、平均的には3年間~5年間の保護効果を持つ
油脂系コーティング:いわゆるワックスがけのことで、柔らかい被膜を使うので傷や汚れに対する保護効果や持続期間が劣る
ポリマー系コーティング:シリコンやフッ素などの高分子化合物でコーティングを施す方法で、3ヵ月~6ヵ月程度しか持たない

耐久性の低い油脂系コーティングやポリマー系コーティングは、マメなメンテナンスが欠かせません。

「こまめに塗装を施すのが面倒」「トータルで加味すると費用がかさむ」といったデメリットがありますので、現在ではガラスコーティングに人気がシフトしつつあります。

洗車の時間を大幅に短縮できる

愛車を守るケアとして洗車はとても大切で、人間でいうところの入浴です。

車を走らせていると汚れがたまり、塗膜そのものが傷んだり見た目のイメージが悪くなったりしますので、洗車でキレイにしてあげる必要があります。

しかし、「愛車をキレイにキープしたいけど洗車が面倒」と感じている方は多いのではないでしょうか。

洗車の時間を大幅に短縮したいのであれば、ガラスコーティングがおすすめです。

クリア塗装がされていない車を洗車でキレイにするには5時間以上がかかりますが、ガラスコーティングを施工していれば数十分程度の時間で済みます。

ガラスコーティング効果で汚れが付着しにくくなるため、洗車に時間をかけずに済むわけです。

ただし、洗剤やシャンプーの洗い残しがあるとガラスコーティングにダメージが加わって耐久性が落ちる可能性がありますので、念入りに水ですすいでキレイにしてください。

ガラスコーティングの選び方で押さえておきたいポイント

車のガラスコーティングは、一度施すと3年間程度は持ちます。

つまり、頻繁に変えることはできませんので、自分の好みや希望に合うのかどうかで比較しないといけません。

以下ではガラスコーティングの選び方で押さえておきたいポイントを説明していますので、「どれを使えば良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみましょう。

・「もっとツヤを出したい」「ボディカラーに深みを出したい」など、自分の好みのツヤや光沢を出せるのかどうかで比較する
・「滑るような滑水性」「水玉で弾く撥水性」「水の塊が流れる親水性」が高いのかどうかで比較する
・耐久年数が長いのかどうかで比較する(同じガラスコーティングでも塗り直しの期間には違いがある)
・「素人の自分でも施工できるのか?」「下地処理はできるのか?」など使いやすさで比較する
・金額と価値に見合っている製品なのかどうかで比較する(コストパフォーマンスの良さで選ぶ)

全ての希望を叶えられるガラスコーティングは最強ですが、中々そうはいきません。

そのため、「自分は何を求めているのか?」「どの部分であれば妥協できるのか?」といった点を考慮して、ベストな車のガラスコーティングを選んでみてください。

最強のガラスコーティングはピカピカレイン!製品の特徴をまとめてみた

車のガラスコーティング剤の選び方で迷っている方には、13万個の販売実績を誇るピカピカレインがおすすめです。

ピカピカレインは、正しく施工すればプロ並みの効果を得られると評判の高い最強のガラスコーティングになっています。

楽天市場の洗車・ケア用品デイリーランキングで1位に輝いているのも、ピカピカレインが人気の証拠ですね。

まずはどのような人にガラスコーティングのピカピカレインが向いているのかいくつか見ていきましょう。

・傷の少ない状態で長く愛車に乗りたい
・耐久性の高いガラスコーティングで長持ちさせたい
・自分でも簡単に施工できるガラスコーティングを探している
・コストパフォーマンスの良いガラスコーティングを選びたい

初めてガラスコーティングを車に施工する予定の方にも、以前に別のガラスコーティング剤を使っていた方にもピカピカレインはおすすめです。

数多くのガラスコーティングの中でも、なぜピカピカレインが最強の製品と名高いのか詳しくまとめてみました。

ピカピカレインの公式サイトはこちら

何回ものリニューアルでより良い製品を作っている

ガラスコーティングのピカピカレインは、1種類だけではありません。

何回ものリニューアルにより、使いやすさや光沢感、耐久性がアップしています。

愛車を大事に思っているユーザーのために、より良い製品を作ろうと努力しているのはピカピカレインの魅力です。

初めてピカピカレインシリーズを使う予定の方は、どのように製品が進化しているのかチェックしておきましょう。

2003年に初代のピカピカレインが発売:まだまだ固形ワックスを使うのが主流の時代で、当時のピカピカレインは施工方法が難しかった
2007年にピカピカレイン2が発売:ワックスからコーティングにユーザーが流れ始めた時期で、初代のピカピカレインと比べて施工性が格段に向上した
2011年にNEWピカピカレインが発売:NEWピカピカレインは本格派のガラスコーティングで、防汚や保護性能が格段にアップした
2012年にSUPERピカピカレインが発売:ピカピカレイン2をリニューアルするとともに、光沢度がアップしたSUPERピカピカレインが登場
2013年にHYPERピカピカレインが発売:今までのシリーズのガラスコーティングと違い、独自の技術で撥水性を大幅に高めている
2014年にピカピカレインPREMIUMが発売:ピカピカレインシリーズの中でも売上ナンバーワンの製品で、艶&滑水性能ともにトップクラス
2016年にバイク用ピカピカレインが発売:バイクにガラスコーティングを行う専用のアイテムで、バイク用の容量で販売されている

いくつものシリーズのガラスコーティングが登場していますが、車用としては「SUPERピカピカレイン」「HYPERピカピカレイン」「ピカピカレインPREMIUM」の3つから選びましょう。

メーカーの公式サイトでも、この3つの製品がおすすめされています。

強固なガラス被膜で塗装面を保護してくれる

ピカピカレインのガラスコーティングは、強固なガラス被膜で車の塗装面を保護してくれます。

一般的なガラスコーティングとピカピカレインの硬度がどの程度違うのかまとめてみました。

・一般的なガラスコーティング剤の被膜は6H
・ピカピカレインの被膜は9H(国内で公的機関によるテストをクリア)

独自の特許技術を取り入れることで9Hの硬度を実現していますので、クラックや剥がれは発生しません。

常温でも完全硬化するガラスコーティング剤のピカピカレインは、日米特許も取得しています。

魅力的なツヤで高級感のある塗装を演出してくれますので、ピカピカレインは愛車を大事にしている方からの評価が高いのです。

製品の種類で「撥水性」「光沢感」「耐久性」が異なる

ピカピカレインは製品の種類で、「撥水性」「光沢感」「耐久性」に違いがあります。

自分の目的に合わせてガラスコーティングを選べば、「やっぱり施工しなければ良かった・・・」と失敗することはありません。

ここではピカピカレインの人気製品別の特徴や違いをまとめていますので、どれが自分に合っているのか比較してみましょう。

<NEWピカピカレイン>
水の弾き:シート状に水が滑り落ちる親水性を持つ
光沢感:シリーズの中でも光沢は控えめ
耐久年数:3年間
おすすめのボディカラー:ソリッド
洗車の頻度:1ヵ月に1回

<SUPERピカピカレイン>
水の弾き:高い親水力で汚れにくいコーティング剤
光沢感:深く上品な感じの光沢が出る
耐久年数:3年間
おすすめのボディカラー:濃色
洗車の頻度:1ヵ月に1回

<HYPERピカピカレイン>
水の弾き:玉状に水を弾く撥水性が非常に高い
光沢感:プレミアムと同等の光沢感を持つ
耐久年数:3年間
おすすめのボディカラー:淡色
洗車の頻度:2週間に1回

<ピカピカレインPREMIUM>
水の弾き:水玉が滑り落ちるイメージの滑水性を持つ
光沢感:シリーズの中でも最高級の光沢を持つ
耐久年数:3年間
おすすめのボディカラー:濃色&メタリック
洗車の頻度:1ヵ月に1回

ピカピカレインシリーズの中でも、車用のガラスコーティング剤としてはピカピカレインPREMIUMが最も新しい製品です。

しかし、「NEWピカピカレイン」「SUPERピカピカレイン」「HYPERピカピカレイン」にも良い部分はたくさんありますよ。

ワックスよりも簡単に施工できる

車のガラスコーティングと聞き、「施工方法が難しいのでは?」とイメージしている方はいませんか?

初心者にはハードルが高いイメージがありますが、ピカピカレインはワックスよりも簡単に施工できます。

ワックスがけをしたことがない人でも簡単に取り扱うことができるのは、ピカピカレインシリーズの魅力的なポイントです。

とは言え、車の表面が汚れたままガラスコーティングを施工すると、汚れを3年間に渡って閉じ込める形になりますので注意しないといけません。

そこで、どのような流れでピカピカレインのガラスコーティングを施工すれば良いのか、正しい使い方についてまとめてみました。

①「ボディ全般」「ホイール」「オプションパーツ」など、ピカピカレインを塗布したい場所を徹底的に洗車してキレイにする
②専用品の鉄粉除去用のネンドクリーナーを購入し、目には見えない鉄粉を除去する
③洗車後にしっかりと乾燥させたらピカピカレインの瓶をスポンジに押し当てる
④スポンジが車体の上を滑るように塗布できるまで塗り、マイクロファイバークロスで均一になるまで塗り伸ばす
⑤汚れが付着してきたな~と感じたらスポンジを取り替えてコーティング剤を塗布する(付属品のスポンジは3つ)
⑥ピカピカレインを施工した12時間は水分厳禁で、雨に打たれないように乾燥させて完了

基本的な使い方は、カーシャンプーをした後にガラスコーティング剤をスポンジで塗り伸ばすだけです。

実際にYouTubeには施工方法として動画があげられているので是非見てみてくださいね。

「ガラスコーティングは素人には難しい」という常識を覆す製品がピカピカレインですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

業者に依頼するよりも圧倒的に費用が安い

ガラスコーティングを専門の業者に依頼すると、数万円から数十万円の費用を支払わないといけません。

一方でピカピカレインは、業者に依頼するよりも圧倒的に安い費用でガラスコーティングを愛車に施すことができます。

ピカピカレインの種類別で、どのくらいの価格で商品が販売されているのか見ていきましょう。

ピカピカレインPREMIUM:9,850円
SUPERピカピカレイン:8,780円
HYPERピカピカレイン:8,780円
ピカピカレイン2:7,980円
ピカピカレインマイクロファイバークロス:980円
ピカピカレインスポンジ:780円

1万円以下の価格で平均して3年間は持つガラスコーティングができますので、ピカピカレインのコストパフォーマンスは抜群です。

お金をかけずにガラスコーティングを施して愛車のツヤを維持したい方は、ピカピカレインを使ってみてください。

メンテナンス剤も販売されている

ピカピカレインはガラスコーティングだけではなく、愛車にコーティングを施した後のメンテナンス剤も販売されています。

せっかく愛車にガラスコーティングを施しても、ある程度の年数が経過して劣化するのは避けられません。

しかし、専用のメンテナンス剤を塗布して施工していれば、コーティングの劣化を未然に防ぐことができます。

ピカピカレインのメンテナンス剤は次の3種類で、それぞれの大まかな特徴についてまとめてみました。

ナノピカピカレインメンテナンス剤【滑水性】:スプレーして拭くだけで、これ以上ない光沢感と滑水性を得られる
ナノピカピカレインメンテナンス剤【撥水性】:撥水性の保護膜によって黄砂や花粉などの細かい汚れが付着しにくくなる
ナノピカピカレインメンテナンス剤【親水性】:脅威の親水性でボディに残る水分量を少なくして、汚れの発生を最小限に抑えられる

どのメンテナンス剤も、「洗車してボディの水分を拭き取る」⇒「良く振ってからクロスにスプレーを吹き付ける」⇒「車のボディを拭きあげる」と使い方は簡単です。

ガラスコーティングのピカピカレインを長持ちさせるには?

愛車へのガラスコーティングは、施工して終わりではありません。

日々の使い方やメンテナンスによって、キレイでツヤのある状態を維持できるのかどうか決まります。

この点に関しては、最強のガラスコーティングのピカピカレインも一緒です。

以下では、ガラスコーティングのピカピカレインを長持ちさせるコツを説明していますので、施工した後に何をすれば良いのかチェックしておきましょう。

・車は置いているだけでもホコリやゴミが付着するため、一定の間隔で水洗いをしてコーティングへのダメージを減らす
・日光や風雨はガラスコーティングへのダメージが大きいため、できる限り屋根のある駐車場に停める
・水洗いでは対処しきれない油分を含む汚れがボディに付着した時は、アルコールなどの脱脂成分を使ってキレイに拭き取る
・ガラスコーティングの劣化を防ぐために専用のメンテナンス剤を定期的に塗布する(上記で紹介したナノピカピカレインメンテナンス剤がおすすめ)

ガラスコーティングを施していても、定期的な洗車は必要です。

SUPERピカピカレインやピカピカレインPREMIUMは、1ヵ月に1回の洗車がおすすめされています。

ただし、洗車機の激しいブラッシングをしていると、強力なガラスコーティングが施されていてもダメージは残りますので気を付けないといけません。

強めの水流でサっと流すだけでもOKですので、ピカピカレインを使った後はなるべく手洗いで洗車しましょう。

ガラスコーティングのピカピカレインの口コミや評判はどう?

車のガラスコーティングは、製品によって良し悪しが違います。

そこで、以下ではピカピカレインの口コミや評判の情報をまとめてみました。

ピカピカレインを購入する前に、実際に使ってみた人の意見を参考にしてみてください。

ピカピカレインの良い口コミや評判



ピカピカレインの二度塗りを終えて1ヵ月くらいが経過しましたのでレビューしたいと思います。プレミアムは価格が高いだけあって、水弾きの効果が抜群ですね。ガラスコーティングをしてからは降雨も綺麗に弾いています。作業の難易度も決して高くありませんので、ピカピカレインPREMIUMはかなりおすすめです!
「コーティングなんて一度も経験したことのない自分にできるのか?」と最初は不安でした。しかし、公式サイトでの説明やネットの動画を見てすんなりと施工できたので安心しています。ピカピカレインのお陰で愛車の黒光り感がMAXで、走るのが更に気持ち良くなりましたよ。
ピカピカレインは硬化まで12時間と非常に長く、時間をかけて拭いてもムラになりにくいので素人でも簡単に施工できます。ガラスコーティングを施してからは、車の表面に付着する汚れが全く気になりません。洗車の時間も大幅に短縮できていますので、数多くの製品からピカピカレインを選んで良かったです。
真っ黒のボディで鉄粉や洗車キズが目立つため、ピカピカレインを使ってみることにしました。5年間が経過したとは思えないほどの漆黒の輝きで、ピカピカレインは本当に気に入っています。メンテナンスも基本的には洗車をするだけですので難しくありません。
最新シリーズのピカピカレインPREMIUMは特に凄いです。「ツヤ」「撥水性」「耐久性」のどれを取っても、他のガラスコーティングに勝っています。水洗いで水滴の跡が残ってしまう時は、洗剤を100倍に薄めてパネル面に付けて撫でるようにすると取れやすいですよ。
新車の購入に合わせてガラスコーティングの中でも評判の高かったハイパーピカピカレインを購入しました。施工してから1ヵ月間が経過し、表面に結構なホコリや土汚れが付着していましたが、洗車でキレイサッパリ落ちます。この効果が数年間も持つと考えれば、ピカピカレインのコスパはかなり高いですね。
半信半疑でピカピカレイン2を購入しましたが、今までとは水の弾き方が全然違います。雨がやんだ後にため息が出ていた水滴の跡はもう残っていません。他のシリーズのピカピカレインも撥水性や耐久性に優れているみたいですので、数年が経過した後にまた利用させてもらいます。
ピカピカレインの塗布や拭き取りは想像していた以上に簡単で、僅か数時間で終わりました。ガラスコーティングで細かい傷は目立たなくなりましたし、水拭きで簡単にピカピカのボディを手に入れられるのが良いですね。手触りもツルツルで気持ち良いので、ピカピカレインを試してみて正解でした。
以前に業者に依頼したガラスコーティングは、自分で洗車した時の汚れの落ちづらさにガッカリしました。しかし、ピカピカレインPREMIUMは踊るように水が流れていくイメージで、サっと流すだけで綺麗になりますよ。

ピカピカレインの悪い口コミや評判

ピカピカレインプレミアムでも、3年間ノーワックスは流石に厳しいと思います。そろそろ施工をして2年間くらいが経過しますが、大分滑水力も弱くなってきました。「最強のガラスコーティング」「ガラスコーティングの最高峰」とピカピカレインは言われているみたいですが、こんなものなのでしょうか?
新車のアルファードにピカピカレインを使ってみることに。思っていた以上にコーティング剤の量が少なくて、屋根には施工できませんでした。量と値段を3段階くらいにして販売した方が良いですね。それに、すぐに1回でキレイに拭き取らないとムラになりますので、拭き取りは他の製品よりも難しい気がします。
洗車は1ヵ月に1回が推奨されていましたが、2週間くらい走らせていると汚れが表面にこびりつきます。私の車を使う頻度が高いのが原因なのでしょうか?ガラスコーティングの使いやすさでピカピカレインは良い製品だと思いますが、もう少しキレイな状態で車をキープしたいです。
ピカピカレインはスポンジが3つあるのはありがたいのですが、付属のマイクロファイバークロスは1枚では足りません。雨が降った時の水はけは他のコーティング剤と比べ物にならないくらい良いので、クロスをもう一枚増やしてくれれば完璧でした。

愛車にガラスコーティングを施す前に押さえておきたいデメリット

ガラスコーティングは、愛車の保護性能を高めたり見た目のイメージを良くしたりと様々なメリットがあります。

上記で紹介した最強アイテムのピカピカレインを使えば、専門の業者に依頼しなくてもセルフで施工が可能ですね。

しかし、ガラスコーティングにはいくつかのデメリットもありますので、施工する前にきちんとチェックしておきましょう。

専門の業者に依頼すると高い施工費用が発生する

「自分でガラスコーティングを施すのが面倒」と考えている方は、専門の業者に依頼する形になります。

プロがキレイに仕上げてくれますが、ガラスコーティングは高い施工費用が発生するのがデメリットです。

業者によって違いはあるものの、乗用車1台のガラスコーティングは4万円~10万円程度の費用がかかります。

なぜこれだけの費用が発生するのか、ガラスコーティングが高い理由をまとめてみました。

・超高性能(艶・輝き・オーラ・保護・耐久性)な薬剤は原価が高い
・性能を120%にするための下地処理(磨き)は手間がかかる
・高い技術を持つ職人さんでなければキレイに仕上げられない

洗車やワックスがけなどの手入れができないユーザーにとっては、「ガラスコーティングは安い」と感じることもあります。

それでも、費用だけで見てみると、専門業者に依頼してガラスコーティングを行うのは意外と高いと心得ておきましょう。

コーティング剤が硬化するまでに時間がかかる

下地処理をどのくらい行うのかによって変わりますが、コーティング剤が硬化するまでに長い時間がかかるのはガラスコーティングのデメリットです。

ガラスコーティングは硬い被膜を形成するため、簡単には再施工ができません。

しかも、硬化する前に車のボディに水分が付着すると被膜の形成が不完全になりますので、最低でも4日~5日は車を業者に預ける必要があります。

つまり、ガラスコーティングの施工を依頼する場合は、事前に業者に確認してしっかりとプランを立てておきましょう。

また、ガラスコーティングが終わる目安は、「乾燥」ではなく「硬化」という点にも注意すべきです。

目視で乾燥と硬化の違いを見極めることはできませんので、決められた期間は車を使ってはいけません。

どうしても早く車を使いたい時は、遠赤外線を用いて乾燥させて工期の短縮を図っている専門業者にガラスコーティングを依頼してみてください。

事故によるガラスコーティングの再施工は別途で出費が発生する

愛車の保険修理であれば、ガラスコーティングの再施工の費用は保険代金が含まれています。

しかし、車両保険に加入していない人が自損事故やイタズラによる被害に遭うと、ガラスコーティングの再施工費用は自費で負担しないといけません。

「せっかくコーティングをしたのにプラスアルファで出費が発生するなんて・・・」といったリスクがある点には注意しましょう。

まとめ

以上のように、ガラスコーティングの良さについておわかり頂けたのではないでしょうか。

皆さんが考えているよりも遥かに安い料金で愛車のガラスコーティングは可能で、汚れの付着を予防したりツヤや輝きを維持できたりといったメリットがあります。

ガラスコーティングの中でも最強の製品がピカピカレインで、3年間ノーワックスでも愛車をピカピカの状態で維持できるのです。

「SUPERピカピカレイン」「HYPERピカピカレイン」「ピカピカレインPREMIUM」など人気製品はたくさんありますので、どのシリーズが自分に合っているのか比較してみてください。

販売個数13万個突破!

最強のガラスコーティング剤ピカピカレイン

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる