コーティング

車に鉄粉が付着する原因とおすすめの取り方・除去方法

鉄粉対策

愛車を洗車しているときに、ふと「なんだか車のボディがざらざらする・・。」と感じたことはありませんか?

白いシミであればウォータースポットなどが原因として考えられますが、よく見るとボディの塗装面に茶色い点々が付着している場合、それは鉄粉が原因かもしれません。

そして残念なことに鉄粉は一度ボディに付着してしまうと普通に洗車をするだけでは簡単に取ることのできない非常に厄介な汚れとして知られています。

しかしながらこの鉄粉を放置してしまうとボディ塗装面の劣化を招く原因となってしまい、時間が経てばたつほどその後の鉄粉取りやメンテナンスが大変になってしまいます。

つまりボディのざらざらを感じた時には既に鉄粉は付着している状態であり、出来る限り早めにかつ定期的に鉄粉取りやメンテナンスを行うことが重要なんです。

この記事では鉄粉が付着してしまう原因やおすすめの鉄粉の取り方・鉄粉対策やメンテナンス方法について書いていきます。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

車のボディに鉄粉が付着してしまう原因は?

そもそもなぜ車のボディに鉄粉が付着するのかといえば、「大気中に浮遊する鉄の粉」が雨や風にのって飛散しボディの塗装面に突き刺さってしまうことが原因とされています。

大気中に鉄粉が浮遊する原因としては車から発生するブレーキダスト、線路を走る電車、鉄を扱う溶接工場や鉄工所などからの飛来が主な発生源であるといわれています。

なので自宅の近所や車の保管場所、よく通る道の近くなどに工場があったり線路や幹線道路がある環境では基本的に鉄粉が付着してしまいやすい環境であるといえます。

基本的にはどんな場所であっても大気中には鉄粉が常に浮遊していると考えたほうがいいでしょう。

定期的な鉄粉取りはなぜ必要となるのか?

鉄粉がボディの塗装面に付着したまま時間が経つと鉄粉が大気中の酸素と水により酸化してしまい、塗装面と結合しまるで突き刺さったかのようになってしまうのです。

この状態がさらに進むと酸化した鉄粉が塗装面を侵食し、茶色いサビのように変色しボディを痛めてしまうので最悪、塗装をし直さないといけないことにもなりかねません。

一度でも鉄粉が酸化して固着してしまうと通常の洗車だけでは除去することはできず、専用の鉄粉取りやクリーナーを使用しないといけなくなってしまいます。

なので、愛車を綺麗な状態に保つためにはなんとしても鉄粉が酸化してボディの塗装面に固着してしまう前に定期的な鉄粉取りやメンテナンスが必要となってくるのです。

鉄粉取りの方法にはいくつかの種類がある

鉄粉取りの方法として大きく分けると「鉄粉除去クリーナー」と「鉄粉除去粘土」の2つに分けることができます。

基本的にはこの2つの方法を知っていればほとんどの鉄粉を除去することができるようになります。どちらも自分で簡単に作業ができるので洗車のついでにおすすめです。

鉄粉除去クリーナー

鉄粉除去クリーナーは一般的にスプレータイプのものが多く、ボディに吹き付けることにより化学反応で鉄粉を溶かし塗装面から鉄粉を分離させる仕組みとなっています。

使用方法はとても簡単で、一度洗車をして綺麗にした車のボディ(濡れた状態)のざらざらとする場所に鉄粉除去スプレーを適量吹き付けます。

一定時間(3~5分程度)放置すると鉄粉と鉄粉除去スプレーが化学反応を起こし紫色の液体に変化するので後は水で綺麗に洗い流すだけです。

この工程をボディのざらざら感がなくなるまで何回か繰り返すだけなので、特に知識のない方でも簡単に洗車のついでに鉄粉を除去することができます。

上手にスプレーするコツとしては一度にボディ全体にスプレーを吹き付けずにボンネットならボンネットだけ、右ドアなら右ドアだけと各ブロックごとに吹き付けることです。

また、吹き付けたスプレーを洗い流すときには絶対に流し残しのないように大量の水を使って隅々まで綺麗に洗い流すようにしましょう。

ちなみにPIT WORKの製品はディーラーなどでも多く使用されているので品質や性能も確かなものなのでおすすめですよ。

鉄粉除去粘土

鉄粉除去クリーナーを使っても落とすことのできなかった頑固で強固な鉄粉には鉄粉除去粘土がおすすめです。

文字通り鉄粉除去に特化した粘土なのですが、ボディの塗装面を粘土で擦ることによって物理的に鉄粉を除去することができます。

こちらも使い方はとても簡単で一度洗車をして綺麗にした車のボディに水をかけながらざらざらとする部分を粘土でゴシゴシと擦るだけです。

ポイントは粘土で擦るときはホースなどで常に水をかけながら行うということ。また、粘土が硬いとボディに傷がついてしまうのでよく揉んで解してから使用してください。

粘土のメリットとしてコスパの良さがあげられます。一度購入さえしてしまえば何度でも繰り返し使うことができるので低コストかつ簡単に鉄粉を除去することが可能です。

粘土は一度購入さえしてしまえば何度でも繰り返して使用できるのでコスパが非常に良くておすすめですよ。

ボディーコーティングは鉄粉対策になる?

ポリマーコーティングやガラスコーティングなどのボディーコーティングをしているから鉄粉対策も万全だと思っている方も少なくないかもしれません。

確かに通常の塗装面の上にコーティングとしてさらに1層乗っかるわけですから何もしていない車と比べれば付着する鉄粉の量自体は少なくなる傾向にあることは確かです。

ですが例えどんなに高級なボディーコーティングをしていたとしても鉄粉の付着自体を完全に防ぐことは現状では不可能だといっても過言ではありません。

しかも鉄粉は一度付着してしまうと中々簡単には取ることができず、時間が経てばたつほど塗装面に浸食し錆となってボディを痛めてしまうことになります。

基本的には鉄粉の付着を完全に防ぐことはできないので、手間のかかることではあるのですが定期的にボディに付着した鉄粉を除去することが何よりも大切になってくるのです。

鉄粉取りはどのくらいの頻度で行うべき?

鉄粉取りを行う頻度としては車の使用状況や環境などにもよって違うので一概にコレとは言えないのですが、一般的には大体半年に1回程度の割合で大丈夫でしょう。

もし自宅の近くに工場が多いだとか鉄道が走っている、幹線道路をよく走っていたり洗車自体あまりしていないというような環境であれば2~3ヶ月に1回は行うべきですね。

一番わかりやすいのは洗車をしたときにボディを手で触ってみて「ざらざらしているな」と感じたら迷わず粘土もしくはクリーナー(除去剤)を使ってみるべきでしょう。

どんな環境であったとしても最低でも半年に1回は鉄粉取りをしたいところですね。

一番の鉄粉対策は定期的なメンテナンスを行うこと

ここまでの情報をまとめると鉄粉対策として最も適しているのは定期的なメンテナンスを行うということです。

確かに鉄粉取りの作業自体はちょっとした手間がかかりますが、鉄粉除去クリーナーにしても粘土にしても洗車のついでに行うことのできる簡単な作業です。

なんだか難しそうで今まで一度も鉄粉取りという作業をしたことがないという人は休みの日を利用して洗車ついでにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる