メンテナンス

自動車のパーツ持ち込み取り付けの流れや注意点!整備や修理の工場探しならグーピットがおすすめ!

自分で購入した部品やパーツを持ち込んで取り付けをして欲しいけど、どのお店に頼んだらいいか分からない・・。
そんな時は修理やパーツの持ち込みなどに対応した全国の自動車整備工場を検索することができるグーピットがおすすめですよ。

全国のくるま屋さんに無料で見積もりが取れる

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

自動車のパーツ持ち込み取り付けの流れをまとめてみた

クルマを愛している人であれば、「自分で好きなパーツを組み合わせてカスタマイズしたい!」と考えるのではないでしょうか。

愛車を自分色に染められるのはとても嬉しいですよね。

しかし、自動車のカスタマイズは専門知識や技術力が必要ですので、日曜大工をかじった程度ではどうしようもありません。

そこで、自分が見つけたパーツを持ち込んで取り付けてくれる工場への依頼がおすすめです。

現在では自動車のパーツ持ち込み取り付けが可能な工場が多く、通信販売やネットショッピング、オークションで購入したパーツを取り付けてカスタマイズしてくれます。

通常の修理と持ち込みカスタマイズでは工程が異なりますので、自動車のパーツ持ち込み取り付けの大まかな流れをまとめてみました。

パーツ持ち込みの大まかな流れ
  1. どのような自動車のパーツを持ち込んで修理や改造をして欲しいのか店舗に伝える
  2. 購入前の場合は事前にメールや電話で問い合わせて購入予定パーツを知らせる
  3. 修理や改造の作業ができる場合は、どのくらいの費用が発生するのか見積もりを取ってもらう
  4. 自動車とパーツの両方を工場に持ち込み、実際に作業がスタートする
  5. 作業にかかる時間や期間は希望するカスタマイズによって異なる
  6. 料金の支払いを行い、出来上がったら工場から連絡が入るので引き取りに行く

自動車の改造やカスタマイズは、工場への依頼が全てではありません。

自分で見つけた掘り出し物のパーツを持ち込んで取り付けてもらうのも、クルマ好きの人にとっては選択肢の一つですね。

自動車のパーツ持ち込み取り付けの費用はどのくらい?

自動車のパーツ持ち込み取り付けは、次の理由で費用が安くなります。

・オークションサイトやフリーマーケットで掘り出し物が販売されている
・知人が使わなくなったパーツをもらい受けることがある

自動車店やディーラーに頼るよりも、安上がりで修理や改造をできるケースが多いのです。

とは言え、どの工場でパーツ持ち込み取り付けを依頼するにしても、作業で発生する工賃は支払わないといけません。

自動車は維持費が非常に高くなりますので、修理メニューごとにどのくらいの工賃がかかるのか目安を見ていきましょう。

  • エンジンの修理:エンジン自体の購入は30万円~80万円、交換の工賃は10万円以上がかかる
  • ドアのヘコみや破損の修理:「工賃」「板金代」「塗装費用」トータルで5万円~10万円が目安
  • バンパーの修理:小範囲のヘコみであれば1万円程度、サイド部分の塗り直しを含めると2万円~5万円が目安
  • マフラーの修理:溶接による修復は1万円程度で済むが、マフラーの交換は4万円以上はかかる
  • エアコンの修理:パーツ故障が原因のガス漏れは4万円~6万円程度かかる

自分で安く購入したパーツを持ち込んでも、高額な費用がかかることはあります。

そのため、修理やカスタマイズの依頼をする際は、事前に修理工場に問い合わせて見積もりを取ってもらってください。

自動車のパーツ持ち込み取り付けができる工場探しならグーピット(GooPit)がおすすめ!

自動車の整備や修理を行う全ての工場で、パーツ持ち込み取り付けができるわけではありません。

「自宅の近くの工場に持って行こう」と考えている方はいますが、下記のような店舗があるので注意が必要です。

・お客様のパーツの持ち込みには対応していない
・正規品以外のパーツのカスタマイズしか受け付けない
・店舗で購入したパーツのみ修理や改造を受け付ける

そこで、自動車のパーツ持ち込み取り付けができる工場をお探しの方は、グーピット(GooPit)を利用してみましょう。

グーピット(GooPit)は、カーパーツの取り付けやパーツ交換、車整備工場を検索できるサービスです。

グーピット(GooPit)は中古車探しで有名なグーネットから提供されていますので、安心して利用できます。

自分であれこれと自動車整備工場やカー用品店を探すよりも、グーピット(GooPit)を使った方が良い理由をまとめてみました。

グーピットの公式サイトはこちら

自分の希望に合わせて最寄りの自動車整備工場を検索できる

グーピット(GooPit)の公式サイトにアクセスすると、次のように自分の希望に合わせて最寄りの地域の自動車整備工場を簡単に検索できます。

・修理(エンジン修理など機械的な故障もOK)
・板金塗装(キズ・ヘコミ修理)
・点検
・オイル交換
・車検
・パーツの持ち込み取り付け
・タイヤ交換
・スタッドレスタイヤ履き替え

「自動車の修理やオイル交換はできても、パーツ持ち込み取り付けには対応していない」といった店舗も少なくありません。

しかし、グーピット(GooPit)を使えば自分の指定した条件で自動車整備工場を探せますので、とても便利なサービスですね。

パーツ持ち込み取り付けのメニューで検索できる

自動車整備工場によっては、「基本的に持ち込みはOKだがパーツの種類によってはNG」という店舗があります。

いちいち店舗に電話やメールで問い合わせて尋ねるのは面倒ですので、検索サイトのグーピット(GooPit)がおすすめです。

グーピット(GooPit)では、パーツ持ち込み取り付けのメニューで比較して自動車整備工場を検索できます。

以下では、グーピット(GooPit)の検索メニューのカテゴリを挙げてみました。

・ホイール・タイヤ交換
・サスペンション・足回りパーツ取付
・ミッション・駆動系パーツ取付
・吸排気系パーツ取付
・エンジン関連パーツ交換
・ライト・ウィンカー類交換
・外装品・エアロパーツ取付
・ボディ補強パーツ取付
・カーナビ・ETC・ドラレコ取付
・その他電装系取付
・内装品取付
・その他パーツ持込み取付

自分が希望する車の改造やカスタマイズに合わせて、パーツ持ち込み取り付けができる店舗を探せます。

非常にわかりやすい検索システムが設置されているのは、グーピット(GooPit)の魅力的なポイントなのではないでしょうか。

一斉見積もりや相見積もりが簡単にできる

グーピット(GooPit)の一番のメリットは、一斉見積もりや相見積もりができるところです。

自分が希望するサービスに対して、気になる自動車整備工場に見積もりを出してもらって費用で比較できます。

電話での問い合わせは何度も同じ説明をして面倒だったり、担当者間の引継ぎミスがあったりしますが、比較サイトのグーピット(GooPit)であればその心配は一切ありません。

ここでは初めてグーピット(GooPit)を利用する方のために、相見積もりの使い方を説明していきます。

①グーピット(GooPit)の公式サイトにアクセスし、自動車整備工場を探したい地域を選択する
②自分が希望するパーツ持ち込み取り付けのサービスを選択する
③気になる自動車整備工場やタイヤショップにチェックを入れる
④「無料でお問い合わせ・お見積り」をクリックする
⑤「名前」「郵便番号」「メールアドレス」などの個人情報を入力する
⑥目的の問い合わせ内容を入力する(○○○のパーツの取り付けをしたいなど)
⑦各整備工場から見積書や回答がメールで届けられる
⑧費用やサポートの手厚さで比較して1つの自動車整備工場に絞る

複数の工場から比較して選べますので、グーピット(GooPit)で隠れた地元の名店を見つけることもできるでしょう。

正規ディーラーも登録されている

「グーピット(GooPit)で探せるのは小さな町の修理工場だけでしょ?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、グーピット(GooPit)にはトヨタや日産など、正規ディーラーも登録されています。

「ディーラーを利用してみたいけど工賃が高いのでは?」と不安を抱えている方は多いのですが、グーピット(GooPit)で見積もりを出せば正確な値段を把握できるのです。

町の修理工場とディーラーは、下記のようにメリットとデメリットが違います。

<町の修理工場>
メリット:数人の事務スタッフや営業マンで構成されているため、工賃や修理の費用が安上がりで済む
デメリット:中には質の悪い工場もあるため、選び方で注意が必要

<ディーラー>
メリット:必要な情報やスキル、機器やパーツが完璧で信頼できる
デメリット:価格を含めてあまり融通が利かず、改造車を受け付けてくれないところが多い

どちらでパーツ持ち込み取り付けを行うのが良いのか比較してみてください。

各整備工場の口コミや評判をチェックできる

パーツ持ち込み取り付けでは自分の大事な愛車をお願いする形になりますので、「本当に大丈夫なの?」と心配になりますよね。

グーピット(GooPit)は修理やカスタマイズの費用だけではなく、各整備工場の口コミや評判のチェックも可能です。

初めての工場には入りにくいものですが、次の項目の評価を参照できます。

・スタッフの対応
・説明の分かりやすさ
・納車までのスピード
・価格の納得度
・おすすめ度

自動車整備工場の良し悪しや店舗の雰囲気を事前にチェックし、安心してパーツ持ち込み取り付けの依頼ができるわけです。

逆に評価の低い整備工場は選択肢から外すことができますので、グーピット(GooPit)を利用しない手はありません。

グーピット(GooPit)の口コミや評判をまとめてみた

「グーピット(GooPit)は実際のところどうなの?」と疑問を抱えている方のために、口コミや評判の情報を紹介していきます。

グーピット(GooPit)の良い口コミや評判

グーピット(GooPit)で探した店舗に行って4本のタイヤ交換をしてもらいました。信頼できる整備工場を見つけられたのはグーピット(GooPit)のお陰です。
この手のサービスの良いところは、他のユーザーのレビューを見られる点だね。実際初めての店舗にお願いしようとしたら評価は必ずチェックするしね。
グーピット(GooPit)は、たくさんの修理工場があるのがGOOD!写真付きで持ち込み取り付けができる整備工場を簡単に探せますので、本当に便利なサービスだと思いました。
以前ドライブレコード取り付けの持ち込みでグーピット(GooPit)を利用しました。思い通りに愛車のカスタマイズができましたので、このサイトを使って整備工場を探して良かったです。
整備工場が書いている整備日誌(ブログのようなもの)を見ることができるのでどんな感じで作業をしているかイメージできて良いなと思います。

グーピット(GooPit)の悪い口コミや評判

自分が暮らす町の修理工場を探しましたが、グーピット(GooPit)では該当0件でした。もう少しパーツ持ち込み取り付けに対応してくれる登録業者を増やして欲しいのが本音です。まあ、無料で相見積もりができるのでそこまで不満はありませんが・・・。
メールで見積もりをしても中々連絡が来ません。本当にグーピット(GooPit)は大丈夫なのでしょうか?
実際に作業をしたら思ったよりも大変だったのか、見積もりの金額よりも高い料金になってしまったことがあった。

自動車のパーツ持ち込み取り付けの注意点

このページでは、自動車のパーツ持ち込み取り付けで押さえておきたい注意点をいくつか挙げてみました。

全ての店舗で修理や改造をしてくれるわけではない

自動車の修理や改造を行っている工場だからと言って、全ての店舗でパーツ持ち込み取り付けに対応しているわけではありません。

「○○○のパーツの持ち込みはOKだけど、○○○は不可」と決められていることもあります。

いちいち電話で自動車整備工場に問い合わせるのは時間がかかりますので、上記で紹介したサービスのグーピット(GooPit)を利用するのが一番です。

パーツに不備がないか確認する

持ち込みパーツの取り付けを希望する場合は、パーツに不備がないか事前に確認しておきましょう。

中古パーツをオークションで購入したり知人から譲り受けたりすると、接続部分の部品が欠けていて使えないといったトラブルは多々あります。

ショップでの購入とは違ってすぐに該当の部品を用意するのは難しいため、全てのパーツが揃っているのか確認するのは大事ですよ。

正常に動作するパーツを持ち込む

正常に動作しないパーツを持ち込んで取り付けてもらうと、次のトラブルが起こります。

・正常に作動しないと余計な工賃が発生する
・動作不良を起こした時に自己負担で再修理になる

パーツの持ち込み取り付けで逆に費用がかさむこともありますので、正確にチェックしておくべきです。

まとめ

以上のように、自動車パーツ持ち込み取り付けの流れや整備工場の探し方についておわかり頂けたでしょうか?

インターネットサイトのグーピット(GooPit)を使えば、手軽に自分で持ち込んだパーツを取り付けて修理や改造をしてくれる工場を検索して比較できます。

自分の希望に合う自動車整備工場を探せますので、パーツ持ち込み取り付けを考えている方はグーピット(GooPit)を利用してみてください。

早速グーピットで整備工場を探してみよう

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる