メンテナンス

車検の費用が高い理由は?安く抑える方法をまとめてみた

もうすぐ車検の時期だけどお財布が厳しい・・。少しでも安くすることはできないかな?
一口に車検といってもお店によって様々な点検方法があります。やり方によっては安くすることは十分可能ですよ。

車検を安く済ませるなら

加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

車検の費用が高い理由は?

車検とは自動車検査登録制度のことで、継続検査とも呼ばれています。

ミニカーや小型特殊自動車を除く自動車と250cc以上の排気量のバイクは、新車から最初は3年後、以後は2年間おきに車検を受けないといけません。

定期的に車検を受けないといけないのは、乗っている自動車やバイクが保安基準に適合しているかどうか検査・確認するのが目的ですね。

自動車を持っている方にとって、車検の費用はかなりの出費になります。

なぜ車検にかかる費用は高いのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

・自動車重量税と自賠責保険を車検の際に支払っている
・印紙代(自動車検査登録印紙代)や点検料などの費用が加わる
・整備料などの基本料金の部分のコストカットをしていない

「日本は海外と比べると安全面や公害対策面などの車検が厳しいから費用が高い」という意見が出ています。

しかし、実際のところは日本の車検検査手数料は3,000円未満とそこまで高額ではありません。

韓国やヨーロッパといった国々でも3,000円程度ですので、車検の検査料は基本的に一緒です。

日本では車検の検査料に加えて自動車重量税や自賠責保険、印紙代(自動車検査登録印紙代)も合わせて支払う形になるため、車検の費用が高くなります。

車検の費用は法定費用と基本料金の2種類!

車検は基本的に、運輸支局の検査場で行わないといけません。

民間の整備工場や中古車販売店で車検の依頼をしても、ユーザーの自動車の点検整備を行った後に運輸支局に持ち込んでいます。

場所によってトータルの支払いは変わりますが、車検の費用は法定費用と基本料金の2種類です。

以下では、車検で発生する法定費用と基本料金の違いについて詳しくまとめてみました。

法定費用

車検の法定費用は、「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」の3つにわけられます。

上記の項目でも説明しましたが、日本の車検は自動車の重量に合わせて支払う自動車重量税と法律で加入が義務付けられている自賠責保険料が発生しますので、費用がかさむ仕組みですね。

まずは、2年継続検査時の自動車重量税の費用を見ていきましょう。

<普通自動車の場合>
0.5t以下:通常は8,200円、13年経過で11,400円、18年経過で12,600円
~1t:通常は16,400円、13年経過で22,800円、18年経過で25,2000円
~1.5t:通常は24,600円、13年経過で34,200円、18年経過で37,800円
~2t:通常は32,800円、13年経過で45,600円、18年経過で50,400円
~2.5t:通常は41,000円、13年経過で57,000円、18年経過で63,000円
~3t:通常は49,200円、13年経過で68,400円、18年経過で75,600円

<軽自動車の場合>
2年自家用:通常は6,600円、13年経過で8,200円、18年経過で8,800円
2年事業用:通常は5,200円、13年経過で5,400円、18年経過で5,600円

車体が大きくなればなるほど、課せられる自動車重量税は高くなります。

次に、自賠責保険料と印紙代の金額をまとめてみました。

自賠責保険料:自家用乗用車は25,830円、軽自動車は25,070円
印紙代:小型自動車は1,700円、小型自動車以外の自動車は1,800円、軽自動車は1,400円

「何かと色々な費用がかかるな~」と感じた方は多いのではないでしょうか。

車検の法定費用は、これらをトータルした金額を支払う形になりますよ。

基本料金

自動車を購入してから一度も乗らなかったとしても、2年おきの車検で法定費用を支払わないといけません。

更に車検では、次の基本料金も発生します。

検査手数料:車検代行手数料や書類作成費用を合わせた事務手数料
整備料:車検の際に行う法定24ヵ月点検の費用
納車手数料:車検で納車する際に発生する費用
代車費用:代車の際にかかる費用

検査手数料や整備料を含む基本費用を法定費用にプラスした金額が車検の費用です。

「本当に車検は必要なの?」と疑問を抱える気持ちはわかりますが、道を走っているクルマが整備されていないと歩行者の安全を守ることができないため、車検制度は欠かせません。

車検の費用を安く抑える方法をまとめてみた

「手軽に」「簡単に」「早く」「安く」車検を受けたいと考えている方は少なくありません。

車検は2年間おきに受ける必要がありますので、費用を抑えて手っ取り早く済ませたいと考えるのは普通ですよね。

実は業者の選び方や自動車の点検を工夫することにより、車検の費用を抑えられます。

何の知識もなしで車検を依頼していると、余計なコストがかかりやすいので注意しないといけません。

このページでは車検の費用を少しでも安く抑える方法をまとめていますので、今まで特に意識してこなかった人は一度確認しておいてください。

基本料金をコストカットする

車検で発生する法定費用は、どこで受けても金額は一律です。

「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」は、お持ちの自動車によってあらかじめ決まっています。

自動車を毎日使っている人もたまにしか乗らない人も、同じ金額の法定費用を支払わないといけません。

そのため、車検の費用を安く抑えたいのであれば、基本料金のコストカットを考えるべきです。

下記の基本料金は、コストカットの余地があります。

・検査手数料
・整備料
・納車手数料
・代車費用

法定費用は自分でどうにかできる金額ではありませんので、基本料金を抑えて車検のトータル費用を安く済ませましょう。

ディーラー車検は避ける

「安心できる」「良くわからないから」という理由で、ディーラー車検を申し込んでいる方はたくさんいます。

ディーラー車検とは自動車メーカーの看板を背負った自動車ディーラーに依頼する方法で、次の4つが大きなメリットですね。

・メーカーが製造した車種の純正パーツを使用しているため、高品質が保証されている
・整備のチェックが厳重で、次の2年後の車検や点検まで安全に自動車に乗ることができる
・グッズのプレゼントやガソリンの割引など、ディーラーならではの手厚いサービスを受けられる
・自分が乗っている自動車の知識やデータを持ち合わせているため、車の買い替え時期やメンテナンスのコツをサポートしてくれる

品質面でディーラー車検に勝るものはありませんが、最も費用が割高になります。

品質が高い代わりに値段が上がってしまいますので、車検の費用を安くしたい方はディーラー車検は避けてください。

整備工場や車検専門フランチャイズを選ぶ

車検の費用を安くしつつ、安心して依頼したい方には整備工場や車検専門フランチャイズをおすすめします。

車検では車を預けるだけではなく点検も同時に行われていますので、整備能力の高さは重要です。

点検では車検の項目とは違った確認や整備を実施し、自動車が故障するリスクを下げています。

つまり、「整備の確かな経験を持っているのか?」「正しいノウハウがあるのか?」という点が大事ですので、コストの安さと安心感で比較して整備工場や車検専門フランチャイズを選んだ方が良いわけです。

なぜ整備工場や車検専門フランチャイズがディーラー車検よりも費用が安いのか、いくつかの理由を挙げてみました。

・車検の予約制を採用しているため、整備士のロスや人件費の無駄が少ない
・全国に店舗数が多く、スケールメリットで部品調達代を安く済ませている
・純正パーツだけではなく社外品やリビルト部品も使用している
・そもそもディーラー車検よりも利益を少なくして運営している

業者によって車検の費用は変わりますので一概には説明できませんが、下記のようにディーラー車検とフランチャイズでは次の違いがあります。

<ディーラー車検>
軽自動車:約70,000円
コンパクトカー:約80,000円
ミニバン:約110,000円

<フランチャイズ>
軽自動車:約40,000円~50,000円
コンパクトカー:約50,000円~60,000円
ミニバン:約70,000円~90,000円

1回の車検で数万円程度も違いますので、今までディーラー車検に依頼していた人は整備工場や車検専門フランチャイズに乗り換えるべきです。

ただし、検査の品質や整備士の技術力は差が大きく、選ぶ業者によっては品質の面で不十分さを感じることがありますので気を付けてください。

ガソリンスタンドやクルマ販売店(カー用品店)を選ぶ

車検のコストを抑える目的で、ガソリンスタンドやクルマ販売店(カー用品店)を選ぶのも選択肢の一つですよ。

整備工場や車検専門フランチャイズと同じように、ガソリンスタンドやクルマ販売店(カー用品店)での車検もディーラー車検と比較して費用が安くなります。

クルマ販売店は営業時間が長くて平日でも休日でも自分の好きなタイミングで足を運べますし、ガソリンスタンドも仕事が忙しい人でも気軽に車検を依頼しやすいのです。

費用の安さと手軽さがメリットですが、ガソリンスタンドやクルマ販売店(カー用品店)への車検の依頼には以下のデメリットがあります。

・ディーラーや整備工場と比べると技術力が劣っている
・点検や整備の品質にムラが生じやすい
・自動車の完璧な点検と修理を求めるのは難しい

販売店もガソリンスタンドも、ディーラー程の検査設備を持ち合わせていないと心得ておきましょう。

自分で車検を行うユーザー車検を選ぶ

「車検はディーラーや自動車整備工場に依頼しないとできない」とイメージしている方はいませんか?

しかし、ユーザー自身が車検を受検するユーザー車検という選択肢があります。

ユーザー車検のメリットは、何と言っても費用を安く抑えて車検ができるところです。

他にも、「自分が乗っている自動車について詳しくなる」「車にかかる税金や保険料の知識を身につけられる」「車検は一生続くので慣れれば毎回スムーズに手続きできる」といった魅力もあります。

どうやってユーザー車検を行えば良いのか、大まかな流れについて見ていきましょう。

①パソコンやスマホで自動車検査インターネット予約システムにアクセスし、陸運局へ事前予約する
②「車検証(自動車検査証)」「自賠責証明書」「継続検査申請書」「自動車重量税納付書」「自動車検査票」と必要書類を用意する
③ユーザー車検当日は、予備検査場で最終調整を行う(運輸支局で行う車検項目と同じ内容)
④自動車重量税や検査手数料を支払う
⑤自賠責保険の継続加入手続きを行う
⑥自動車税納税証明書を納税確認窓口に提示する
⑦車検の受付を行い、自動車に乗って検査コースで受検する
⑧無事に検査に合格すれば窓口で新しい車検証とステッカー(検査標章)が交付される

詳しい手続きのやり方は省きますが、ユーザー車検で費用を安く済ませている方は少なくありません。

しかし、専門の業者に依頼する方法と比較し、ユーザー車検には次のデメリットがあります。

・素人では24ヵ月点検整備ができないため、別途で費用を支払う必要がある
・検査で不適合箇所があると、追加で費用を負担しないといけない
・業者に依頼するよりも手間と時間がかかる
・運輸支局や軽自動車検査協会の営業時間しか検査できない(平日の昼間)

安全面でも心配な部分がありますので、車検は整備工場や車検専門フランチャイズに依頼する方法がおすすめです。

不必要な検査項目を削除する

ディーラー車検や整備工場での車検では、必要のない整備や部品の交換が行われます。

もちろん、自動車を安全に運転できるようにするのが整備の一番の目的ですので、無駄とは言えません。

それでも、車検の金額の面では余計な費用が発生するため、不必要な検査項目を削除するのは車検を安くするコツです。

下記のように車検の前に部品を交換して検査項目を減らすと、トータルの費用は安くなります。

車検ごとに交換:「ブレーキフルード」「エンジンオイル」「ブレーキメンテナンス」「PCVバルブクリーニング」「エンジンリフレッシュ」「ブレーキパット」
生活や車の状態に合わせて交換:「冷却水(LLC)」「ファンベルト」「下回り防錆塗装」
一定の走行距離で交換:「エンジンベルト」「タイミングベルト」「ドライブシャフト」
カー用品店で交換:「タイヤ」「オイル」「オイルフィルター」「バッテリー」「エアコンフィルタ」「エアフィルタ」「ワイパー」

ディーラーや整備工場で頼むのは最低限にして、車検の費用を安くする努力をしてみてください。

車検の費用を安く抑えたいなら楽天車検がおすすめ!

車検の費用を安く抑えたい方には、車検の比較&予約サイトの楽天車検の利用がおすすめです。

車検の業者選びで迷っている方のために、楽天車検は徹底サポートをしてくれます。

「楽天が車検をしてくれるのでは?」とイメージしている方はいますが、決してそうではありません。

楽天車検はあくまでも車検をしたい人と店舗を繋ぐ架け橋的な存在で、車検を行っている業者を紹介してくれます。

なぜ車検の比較&予約サイトの楽天車検を利用すべきなのか、サービスのメリットやおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

4,000以上の加盟店から選べる

楽天車検の一番のメリットは、4,000以上の加盟店から車検ができる店舗を選べるところです。

選択肢が多ければ多いほど、自分の希望に合う車検の業者を選んで失敗を未然に防ぐことができますよ。

パソコンやスマホで楽天車検の公式サイトにアクセスし、最寄りの地域や郵便番号をポチポチと入力するだけで近くの店舗がズラっと表示されますので、初めての方でも使い方は難しくありません。

実際に楽天車検の公式サイトで調べてみると、下記のように様々なブランドが表示されます。

・オートバックスのようなカーショップやビッグモーター
・車検の見積もり費用を掲示してくれる車検の速太郎
・車検業者のスマイル車検
・ENEOS等のガソリンスタンド

あまりにも場所が遠いと大変ですので、最寄りの店舗で車検を依頼できるかどうか調べてみましょう。

車検費用の安さで比較できる

車検の費用を安くしたい方に楽天車検が向いているのは、見積もり前に大よその価格がわかるからです。

見積もりの見積もりのようなイメージで、車検費用の安さで店舗や業者を比較できます。

例えば、楽天車検の「東京都の車検費用が安い店舗ランキング」のページを見てみると、参考車検価格が安い順番に表示されるので非常に便利です。

1位 キグナス車検センター堀之内店(東京都八王子市堀之内2-1-4):39,430円
2位 コスモ石油 B-cle 町田車検センター(東京都町田市小山町837-7):39,440円
3位 ヤジマ石油 東栗原SS(東京都足立区青井6-21-8):40,090円
4位 Dr.Drive セルフジョイフル東大和SS(東京都東大和市立野1丁目998-1):42,142円
5位 東十条駅前SS(東京都北区東十条1丁目10-1):42,142円
6位 エネオス エネジェット桜台SS(東京都練馬区豊玉上2-5-6):42,142円
7位 Dr.Drive WE’LLヌクイSS(東京都練馬区貫井4丁目16-4):42,142円
8位 Dr.Drive 江北つばきSS(東京都足立区椿1-7-3):42,142円
9位 梅田SS(東京都足立区梅田2丁目8-9):42,142円
10位 ニュー練馬SS(東京都練馬区北町3-14-2):42,142円

東京都以外の場所にお住まいの方も、楽天車検で検索して料金の安い順番に並び替えれば、どこが最も安いのかサっと把握できます。

もちろん、あくまでも参考車検価格ですので、正確な費用を知りたい方は業者で無料見積もりをしてもらってください。

自分が求めている車検店舗を比較できる

料金の安さだけではなく、他の項目で車検ができる業者を探している方も多いのではないでしょうか。

そのような人にも楽天車検がピッタリで、自分が求めている車検店舗を簡単に検索できます。

楽天車検ではお住まいの地域に加えて、次の項目で更に店舗を絞り込むことができます。

・代車あり
・土日祝OK
・1日車検
・120分以内の車検
・整備保証
・引取りや納車あり
・夜間受付
・ハイブリッド車OK
・輸入車OK
・クレジットカードOK
・早割りあり
・1級整備士在籍
・コンピューター診断

「土日祝日でも車検ができるのか?」「自動車の引き取りに対応しているのか?」など、自分の希望に合わせてじっくりと選べるのが便利なところです。

ネットで予約して車検を実施すると合計1,600ポイントがプレゼントされる

楽天車検は費用の安い店舗を探せるだけではなく、ポイントプレゼントキャンペーンも充実しています。

ネットで店舗を予約して車検を実施すると、トータルで1,600ポイントがプレゼントされるのです。

楽天のサービスを利用して楽天スーパーポイントを貯めている方にとって、非常に嬉しいキャンペーンなのではないでしょうか。

対象の車検実施期間は2019年03月01日(金)~2019年07月31日(水)で、楽天車検でポイントをもらう方法をまとめてみました。

①キャンペーンにエントリーするために、楽天会員情報にエントリーしてメルマガを購読する
②楽天車検の公式サイトにアクセスし、自宅近くの店舗や業者を検索する
③楽天車検で見積もりを予約し、その店舗で車検を実施すると500ポイントを獲得できる
④キャンペーンにエントリーすると更に1,100ポイントが別途で付与される

3月に車検を実施した方は5月31日頃、4月に車検を実施した方は6月30日頃とポイントが付与されるタイミングが変わります。

ただし、基本の500ポイントに加えて1,100ポイントがもらえるのは、キャンペーン該当店舗で車検を実施された方に限りますので気を付けてください。

車検を依頼する店舗によってはオリジナルの特典がある

楽天車検で予約や車検の実施をすると、楽天スーパーポイントの付与に加えて店舗ごとのオリジナル特典があります。

全ての加盟店ではありませんが、オリジナルの特典は下記のように様々ですね。

・ガソリン代が2年間割引
・洗車が無料
・BOXティッシュのプレゼント
・オイル交換が無料

車検の実施で適用される特典やおまけは、見積もり予約の画面でしっかりと確認しておきましょう。

過去の利用者の口コミや評判をくまなくチェックできる

初めて車検を依頼する店舗に対して、「本当に大丈夫なの?」「本当に信頼できるの?」と不安を抱えている方は少なくありません。

楽天車検では、過去の利用者の口コミや評判の情報をくまなくチェックできます。

車検でかかる費用で比較するだけではなく、口コミやレビューで大よその見当をつけられるのが楽天車検の大きなメリットです。

楽天車検に掲載されているレビューは、次の項目でわけられています。

・説明の分かりやすさ
・価格
・対応スピード
・スタッフの対応

他の人の口コミを見ていれば、依頼する予定の業者が信用できるのか判断材料になるわけです。

車検を依頼できる店舗の情報をしっかりと収集したい方は、車検の比較&予約サイトの楽天車検を利用してみましょう。

楽天車検の利用前に押さえておきたいデメリット

店舗に直接車検の申し込みをするよりも、楽天車検を通した方が次の3つの理由でお得です。

・直接申し込みでは代車を不要にしたり早く予約したりしないと車検費用が割引されない
・ネット予約&車検実施でトータルで1,600ポイントが付与される
・エンジンオイル無料やワックス洗車などのオリジナル特典が店舗別で用意されている

今までディーラー車検を利用して余計な費用を支払っていた方には、楽天車検をおすすめします。

しかし、楽天車検にもいくつかのデメリットがありますので、利用する前に一度目を通しておいてください。

・楽天車検の加盟店の中にディーラーはない
・エンジンやミッションを下して整備する重整備に対応しないケースがある
・「リコールはディーラーに持ち込んでください」と言われることがある
・診断機を使用した整備やサービスインターバルのリセットができないことがある

「費用が高くついても良いから安心できるディーラー車検を利用したい」という方に楽天車検は向いていません。

あくまでも車検の費用を安くする目的で、整備工場やガソリンスタンドに車検の依頼をしたい方向けのサービスです。

楽天車検の見積もり予約の流れ

このページでは、楽天車検の見積もり予約の流れを説明していきます。

①楽天車検の公式サイトにアクセスし、郵便番号で近隣店舗を探す
②更に自分の希望に合わせて条件を絞り込む
③「店舗を見る」⇒「詳細情報のチェック」⇒「見積もりの申込をする」と進める
④「メーカー」「車種」「車検満了日」「名前」「メールアドレス」「連絡先」などの必要事項を入力する
⑤「無料事前見積もりを申し込む」のボタンをクリックする
⑥事前見積もりお申し込み受付メールが送られてくるので申込予約番号をメモする
⑦申し込んでから3日以内に予約店舗から確認の連絡が入る

車検の費用の安さや利用者の口コミなど、自分が重視する部分で比較して店舗を探してみましょう。

楽天車検の利用者の口コミや評判をまとめてみた

楽天車検を利用した人の85%以上は、「満足している」「使って良かった」と回答しています。

ここでは楽天車検の口コミや評判の情報をいくつか紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

楽天車検の良い口コミや評判

・楽天車検を利用して、最寄りの地域で一番安かった店舗に車検の依頼ができました。今までよりも車検の費用が2万円くらいも安くなりましたので、楽天車検には満足しています。費用が安かった上に楽天スーパーポイントまでもらうことができましたので、よりどりみどりなサービスですね。

・新車として購入してから5年間くらいでタイヤやバッテリー、ブレーキパッドなどの消耗品の交換が必要になります。車検の整備で特別な技術力は必要ありませんので、楽天車検で費用が安いところにお願いしても大丈夫ですよ。次回の車検を受ける時も、楽天車検のサイトを使って探したいと思います。

・車検の時期が近づいてきて、ディーラーに見積もりをしてもらったら予想以上に高かった。そんな時に見つけたのが楽天車検で、想像以上に安く済ませることができたよ。ディーラーに毎回高額な費用を支払っている人に楽天車検はおすすめ!

・楽天車検で見つけた大阪府の業者に依頼しました。整備内容の説明を1つ1つ丁寧にわかりやすく説明してくれましたし、保険に詳しくない私に様々な提案をしてくれたところが良かったです。安心して依頼できる店舗を探している方は、楽天車検の口コミの「スタッフの対応」を参考にしてみるのが良いのではないでしょうか。

・人生初の車検でどうすれば良いのかわからなかったのですが、お店の人が丁寧に教えてくださいました。親切なスタッフの店舗に依頼できたのは、楽天車検を利用したからですね。

・見積もりと車検が同時進行で進みましたので、一度で終わって助かっています。即座に車検ができる店舗は、設備もスタッフの知識も豊富で信頼できるのではないでしょうか。仕事が忙しくて中々時間が確保できない人に、楽天車検は向いています。

・楽天車検で自宅から徒歩10分の近い場所のお店を見つけました。必要なものだけを勧めてもらいましたので、予想よりも遥かにリーズナブルでした。お店に問い合わせて見積もりを取ってもらう前に、大まかな費用の目安がわかるのは便利です。

楽天車検の悪い口コミや評判

・楽天車検で安い費用の業者を見つけられた部分には満足しています。しかし、もらえるポイントやサービス内容が少しわかりにくかったですね。自動的にもらえるポイントやカード払いで付与されるポイントなどたくさんの種類があって、取り逃がしてしまいました。

・楽天車検では、「アイックス車検」「出光リテール車検」「イデックス車検」と様々な店舗が加盟しています。しかし、加盟店の中にディーラーはありませんでした。多少はコストがかかってもディーラーに依頼したかったので、楽天車検は私に合っていなかったようです。

・見積もりをしてから返答が来るまで遅すぎます。楽天車検のサービスが悪いわけではありませんが、レスポンスの遅い業者が多すぎるイメージです。あまりにも遅いと信頼しても良いのか不安になりますので、業者選びは吟味した方が良いかもしれません。

まとめ

「車検の費用が高いのは仕方がない」と諦めている方は少なくありません。

しかし、次の点を意識していれば車検の費用を少しでも安く抑えることはできますよ。

・ディーラー車検ではなく整備工場やフランチャイズを利用する
・いくつもの店舗を料金で比較できるサイトを使う
・自分で車検を行うユーザー車検を選ぶ

ユーザー車検は時間と手間がかかる方法ですので、車検の比較&予約サイトの楽天車検が便利です。

楽天車検の利用で車検代を安く済ませることができますので、ポイントプレゼントキャンペーンが実施されているうちに申し込んでみてください。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる