タイヤ

タイヤのひび割れってどの程度まで大丈夫なの?ひび割れ防止策はある?

タイヤのひび割れがひどいのでそろそろタイヤを交換したほうがいいですよ!おすすめは~・・

ディーラーやスタンドなどへ愛車を点検に出した際に、このようなことを言われたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

タイヤを売るための営業トークかと思いきや、ふとタイヤを見てみると確かにタイヤにひび割れや亀裂が入っている・・。

でもタイヤの溝はまだあるみたいだし本当に交換しないとだめなんだろうか・・?

このように多くの方は「タイヤのひび割れが良くないことなのはわかるけど、具体的にどのくらいのひび割れがダメなんだろう?」と疑問に思うのではないでしょうか。

タイヤは自動車の中で唯一地面と接している部品です。そのため自動車を安全に運転するためにはタイヤはとても重要な部品であると言えます。

特に今回紹介をするようにタイヤにひび割れが目立つ場合には早期の交換をしたほうが良いのは間違いないです。

ですがあまり自動車について詳しくない方がどの程度ひび割れていたらタイヤを交換するべきなのかを判断するのはなかなか難しいもの。

そこで、この記事ではそんな気になるタイヤのひび割れについてわかりやすく解説していきたいと思います。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

タイヤがひび割れるとどうなるの?

タイヤのひび割れが発生したまま交換をせずに乗り続けると起こりやすくなるのが「タイヤのバースト」です。タイヤのバーストとは走行中に突然タイヤが破裂する現象を指します。

ただのパンクとは危険度が桁違いで、破裂というよりも爆発という言葉の方がイメージとしては近いのではないでしょうか。

走行中に突然タイヤが破裂するため対処も難しく特に高速道路などの走行中であれば自分だけではなく周りを巻き込んだ重大な事故に繋がる原因ともなりかねません。

また、タイヤが破裂した衝撃でホイールも変形や破損してしまうことも多く、タイヤだけではなくホイールの交換も必要になってしまうなど余計な費用がかさむ原因にも・・。

自分の車のタイヤはどの程度のひび割れを起こしているかというのをよく確認して交換が必要なものはすぐ交換するようにしましょう。

ひび割れが酷いと車検に通らないって本当?

タイヤのひび割れがあまりに酷いと車検に通らなくなると聞いたことがあります。本当でしょうか?

みなさんが気になるのはヤイヤのひび割れによって車検に通らなくなってしまうということがあるのかどうかということではないでしょうか。結論から言うと基本的にはタイヤのひび割れが原因で車検に通らなくなることはありません。(車検の点検項目にタイヤのひび割れは含まれていないためです)

ただし、あまりにもひび割れがひどく検査員が危険だと判断した場合には車検に通らなくなってしまうこともあります。どちらにせよ検査員をもってしても危険だと判断された場合は本当に危険な状態だと思われるのですぐに交換することをおすすめします。(検査員はタイヤを売っているわけではないので営業トークはあり得ません)

タイヤのひび割れはどうやって見極める?

ひび割れ出典:『タイヤ安全ニュースNo.72(JATMA)』

この図でいうところのレベル5に近いひび割れが発生していたら要注意です。自分ではどうしても判断できない場合はディーラーや馴染みの修理屋さんに気軽に相談してみましょう。

タイヤのひび割れはどうして発生するの?

そもそもタイヤのひび割れはいったいどうして発生してしまうのでしょうか。タイヤの溝はまだまだ残っているのにひび割れが発生しているということも少なくありません。まだまだ使えそうなのにひび割れてるだけで交換するのはもったいないな・・と思う方も多いことでしょう。ここではタイヤのひび割れが発生する原因について解説していきます。

1.タイヤの空気圧不足

タイヤの空気圧が不足している場合タイヤがたわんでしまいます。このタイヤがたわんだ状態というのはひび割れが発生しやすくなる状態です。

またこの状態で走り続けるとたわみからタイヤの変形も引き起こしタイヤの寿命を大きく縮めることにもなります。

タイヤの空気圧は定期的に点検を行い適切な空気圧に調整するようにしましょう。

2.タイヤに荷重のかけすぎ

タイヤに必要以上の荷重がかかっている状態ではタイヤは潰れたような形になってしまいひび割れが発生しやすくなります。タイヤはゴムで出来ているので規定以上の荷重がかかると簡単に潰れてしまいます。

対策としては車内には必要のない荷物を置いておかないことです。また、大人が4人5人と乗車する場合にはタイヤの空気圧を規定値より少し高めに調整するなどするといいでしょう。

タイヤに荷重をかけないということはそれだけタイヤに優しくするということです。タイヤの寿命も延びますし燃費も伸ばすことができます。一石二鳥ですね。

3.洗剤の流し残し・タイヤワックスの塗りすぎ

愛車に愛着がある方ほど洗車もたくさんやっていることかと思います。ですがこの洗車をするときにタイヤに洗剤をつけて洗っていませんか?

タイヤはゴムで出来ています。洗うたびに洗剤を使っていたり、洗剤の流し残しがあったりするとタイヤに付着したままとなってしまい傷みやすくなってしまいひび割れが発生する原因となってしまいます。タイヤを洗った後は水を勢いよくかけて洗剤の流し残しがないようにしましょう。

また、タイヤに艶を出すためのタイヤワックスなども実はタイヤにとってはあまりいいものではありません。どうしてもタイヤワックスを塗る場合はあまり頻繁に塗らずにある程度の間隔を置いて塗るようにしましょう。

4.紫外線などによる経年劣化

そもそもタイヤの寿命は一般的に4年程度だと言われています。日頃、紫外線や雨風に晒されることで使用していてもいなくても時間の経過と共に劣化していきます。

少しでも経年劣化を抑えるためには駐車時は屋根付きのガレージに止めるだとか、ボディカバーを被せて紫外線をカットするなどの方法があります。

紫外線から遠ざけることでタイヤだけではなくボディの塗装やウォータースポットなども防ぐことができます。

どれも手間と費用が掛かりますが、タイヤ交換にかかる費用を考えると少しでも紫外線から遠ざけてあげることが得策ではないでしょうか。

タイヤは定期的な点検を!

洗剤でキレイにしているつもりが逆に痛めることになっているなんて知りませんでした・・。

いかがでしたでしょうか?今回はタイヤのひび割れについて解説してきました。タイヤのひび割れはどんなに気を付けていても発生してしまうものです。

タイヤのひび割れを完全に防ぐということは難しいですが、工夫次第では発生を遅らせることは十分可能です。正しい知識を持って見過ごしても平気なひび割れなのか、交換が必要なひび割れなのかを見極めることが必要です。

クルマの売却を考えているなら一括査定がおすすめ!

「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」

「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」

などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか?

そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「一括査定.com」です。



「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」

「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」

複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

一括査定は無料なので単純に「今自分の車の価値っていくらくらいなんだろう?」と疑問に思ったら気軽に査定をしてもらうというのもアリですよね♪

一括査定.comを試してみる